audiobook.jpとは?日本最大のオーディオブックサービスで本を聴こう!

記事更新日: 2020/03/22

ライター: 結(ゆい)


 

ゆい

audiobook.jp(オーディオブックドットジェーピー)は日本最大のオーディオブックサービスです。

購入できる日本語オーディオブック数が一番多いです。

✪  audiobook.jpとは
 
日本最大のオーディオブックサービス
  • オーディオブック(本を朗読した音声データ)が購入できる
  • 購入したオーディオブックは専用のアプリやWebサイトで聴ける

オーディオブックは、たくさん本を読んで仕事で成果を出したいと思っている人や、本を読みたいと思っているけれどなかなか時間が取れていない人に役立つサービスです。

オーディオブックサービスはいくつかありますが、audiobook.jpは特にこんな人におすすめです。

<audiobook.jpを使ってほしい人>

  • 読みたい本はたくさんあるのに読む時間が確保できずストレスを感じている人
  • お得に色々な本を読んでみたい人

 

 

積読が貯まっているBさん

積読(つんどく)がたまってる・・。読みたい本はたくさんあるんだけど、みんなどうやって読書時間を確保しているんだろう?


 

 

 

 

とにかく読みたいAさん

色々なことが学べる読書って大切!ジャンル問わずたくさんの本を読んでみたいな。


audiobook.jpは日本最大のオーディオブックサービスです。

日本語のタイトル数が一番多く、「読みたい」と思う本がオーディオブックとして購入できる可能性が一番高いです。
そのうえ、
紙の本より安く購入できるセールが頻繁に行われます。

また、オーディオブック2大サービスの中で唯一月額聴き放題プランがあるので、定額でたくさんの本を聴いてみたい人におすすめです。


ゆい

私はaudiobook.jpで読みたい本を探し、積読のストレスを解消することができました。
セールで買ったタイトルは、
Kindleや紙の本より安く買えました!


 

ゆい

聴き放題プランはとてもお得なのですが、聴き放題対象のタイトルが限られていることに注意してくださいね。

 

ポイント
  • audiobook.jpは積読のストレスを解消したい人や、お得にいろいろな本を読みたい人におすすめです。
  • この記事を読むと、audiobook.jpというサービスについて理解することができます。

ゆい

この記事では、audiobook.jp(オーディオブックドットジェーピー)の

  • 概要
  • 仕組み
  • 料金
  • 注意点
  • 何が聴けるか
  • 使い方

6点について詳しく紹介していきます。


<関連記事>

記事に出てくる言葉の定義


 

まずは記事で使用している言葉について説明します。

<記事で使用している言葉>

タイトル
・1冊の本を朗読音声(オーディオブック)にしたもの。
 ▷「本」というと紙の本のイメージが強いので、この記事では「タイトル」といいます。
 (例)
  - 紙の本の場合、1冊の本
  - オーディオブックの場合、1つのタイトル

オーディオブックのメリットは?


 

audiobook.jpサービス詳細に入る前に少しだけ、オーディオブックのメリットを紹介します。

オーディオブックには様々なメリットがあります。
無理なく読書の時間が作れる、続けやすい、何度も繰り返し聴ける、記憶に残りやすい、仕事に良い影響がある、目が疲れない、分厚い本も読破しやすい、、等々たくさんです。


 

すべてお伝えすると長くなってしまうので、今回は紙の本とは異なるメリット2つをお伝えします。

その他のメリットは別の記事で紹介します。

オーディオブックのメリット

1. 移動時間を読書時間にすることができる

「忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる」
これはaudiobook.jpのキャッチコピーなのですが、オーディオブックを聴いてみると、これはかなり的を得ているということが分かります。


 

1日の中で耳がヒマしてる時間、どれくらいあると思いますか?

例えば毎日会社に通っている人であれば、移動時間は結構耳があいていたりするものです。

職場まで片道30分であれば、1日1時間。週5日で5時間。1カ月だと20時間です。
20時間あると、2倍速で聴いた場合、1冊300-400ページのビジネス書が約4冊分聴けてしまいます。


 

オーディオブックだと歩きながらでも聴けるのが良いですよね。

耳があいている移動時間にイヤフォンを装着するだけで、何かを我慢したり特に努力する必要もなく、1カ月で4冊、1年で48冊の本が読めてしまいます。

オーディオブックを聴き始める前は移動時間に「耳がヒマしてる」という意識はなかったのですが、これだけ本を読める時間を無駄にしてしまっていたと思うと、「この時間を活用できていなかったんだな」という気持ちが強くなりますね・・。


 

意外とあった、1日の中で活用できていない時間。

オーディオブックはその時間を有意義な読書タイムに変えてくれます。


2. 内容を理解するためのステップが紙の本より少ない

個人的な感想ですが、オーディオブックは途中から再開しても自然と話の中に戻れる感覚があります。


 

私は紙の本だと再開したとき前の内容を思い出すのに結構時間がかかってしまうのですが・・。
オーディオブックだとなぜかすぐに本の記憶が戻ってくるんです。

オトバンク株式会社の上田会長がインタビューで、人は本を読むときに文章を頭の中で音声に変換して理解しているという話をしていました。

オーディオブックだとこのひと手間がいらないので、その分のエネルギーを思い出すことに使えるのかもしれないですね。

少し調べたところ人にはそれぞれ認知の得意領域があるようで、耳から入ってきた情報の方が理解や記憶がしやすい人がいるそうです。詳細は別の記事にまとめますね!


 

オーディオブックのおかげですきま時間に聴くことを習慣化でき、楽しみながら本を聴くことができています。

参考:
CNET Japan - 高い継続率は「耳がさみしくなるから」--オトバンクに聞くオーディオブック市場と利用動向
ITmedia ビジネス - 目が不自由な人にも本を届けたい:“耳で読む本”「オーディオブック」が急成長した理由

audiobook.jpとは何か

audiobook.jp(オーディオブックドットジェーピー)は日本最大のオーディオブックサービスです。

株式会社オトバンクという日本の会社よって運営されています。

オトバンク社によるオーディオブックのオンライン配信は、audiobook.jpの前身であるFeBeにて2007年から開始しています。FeBeはウェブサイト上でオーディオブックを購入し、アプリまたはウェブページ上で再生できるサービスを提供していました。

その後2017年audiobook.jpを開始し、iOS、Androidアプリをリリースしました。
FeBeは2018年にaudiobook.jpに統合されています。


 

ここで2019年にaudiobook.jpが実施した『オーディオブックに関する調査』の結果を紹介しますね。

ユーザー数推移

audiobook.jpのユーザー数は毎年大きく伸びており、2019年に100万人を超えています。
ユーザー属性も、サービス開始当初は30~40台の男性ユーザーが大半でしたが、2018年時点では男女比がほぼ同率になっています。

参考:月額750円でオーディオブック聴き放題——リリースから10年のオトバンクが“サブスクリプション”に舵を切った

利用シーン

次に、audiobook.jpが使われているシーンを紹介します。

移動中、家事、運動、仕事をしているときなど、何かをしている時にオーディオブックを聴いている人が多いですね。


 

1日の終わりにベッドやお風呂でのんびり聴くのも気持ちよさそうですね。

どんな仕組みになっているのか

アカウント

audiobook.jpを始めるためには、audiobook.jpのアカウントが必要です。
同じアカウントでWebサイトにもアプリにもアクセスすることができます。

audiobook.jpのプラン

audiobook.jpは基本的にはアカウントを登録すると基本料金無料の『通常会員』として欲しいタイトルだけを購入して楽しむことができます。
audiobook.jpをお得に使う方法として、2つのプランに加入することができます。


<audiobook.jpのプラン>

① 月額会員プラン:ポイントを定期購入するプラン
② 聴き放題プラン:月額750円で対象のオーディオブックを好きなだけ聴けるプラン

どれだけ料金がかかるのか


 

audiobook.jpを使う時に必要な料金は、基本的に購入するタイトルの代金です。
聴き放題プランに入ると月額750円が必要です。

月額会員プラン

そのうえで、①月額会員プランにはいると、毎月お得にポイントを購入することができます。
購入したポイントは、1ポイント=1円でオーディオブックの購入に使えます。

月額に応じてもらえるポイント数も変わります。
例えば月額2200円のプランに入ると2450円分のポイントをもらうことができ、毎月250円お得になります。

<audiobook.jp 月額会員プラン一覧>

聴き放題プラン

②聴き放題プランに入ると、月額750円で聴き放題対象のタイトルをいつでもどこでも聴くことができます。

どんなタイトルが聴けるかはこの後詳しくお伝えしますが、聴き放題プランは一部のタイトルのみ対象なので、対象になっていないタイトルを聴きたい場合は単品購入することもできます。

単品購入の場合は月額会員でポイントをもらったほうがお得です。
①月額会員プランと②聴き放題プランは、両方同時に入ることもできます。

その他 - ポッドキャスト

audiobook.jpではオーディオブック以外にポッドキャストの購入もできます。
ポッドキャストとはラジオのように定期的に音声コンテンツを配信するサービスです。

ポッドキャストは番組ごとに購入します。また、一度お金を払って終わりではなく、聴き続けるためには月額を払い続ける必要があります。

ポッドキャストも初めの1カ月は無料でお試しできます


 

今気になっているのは毎朝日経ニュースを20分で聴けるポッドキャストです。
すでに月額会員の私も初めの1か月は無料なので、聴いてみようかなと思っています。

Audibleや紙の本より安いタイトルがたくさん!audiobook.jpは単品購入がお得


 

みなさん、オーディオブックは高いというイメージはありませんか?

実は、audiobook.jpではとても良心的な値段でタイトルの単品購入ができるんです。
2大サービスのAudibleと比較しても、1つ1つのタイトルはかなり安く設定されています。

audiobook.jpとAudible両方で購入できるタイトル5つをランダムに選んで比較してみました。

audiobook.jpの方が安く、0円以上1000円未満の差額がある場合は緑、1000円以上の差額がある場合は赤色を付けています。
※ Audibleでは非会員と月額会員で同じタイトルを購入する料金が異なります。詳しくはこちら

<Audible・audiobook.jp タイトル料金比較>

Audibleの非会員料金を比べると、すべてのタイトルでaudiobook.jpの方が安いことがわかります。
そのうち4つは1000円以上の差があります。

Audible月額会員と比べても、5つ中4つのタイトルがaudiobook.jpで購入したほうがお得ですね。

さらに、定期的にセールを開催してもらえるのですがその割引率が高いです。
2020年3月22日時点でセール価格になっているタイトルをランダムに4つ選び、Audible、紙の本と比べてみますね。

<Audible・紙の本・audiobook.jp(セール時) 料金比較>

※ 紙の本の値段はAmazon.jpで検索した価格です

セール価格で比較すると、全てAudibleより1000円以上安く、紙の本よりもお得に購入できることがわかります。
さらに、この4冊に関しては、紙の本とaudiobook.jpセール前価格が同じ値段ですね。

このように比較すると、Audibleの料金が高めに設定されていることがわかります。


 

でもこれはセール価格だよね?と思った方に、どの頻度でセールが行われているかを紹介します。

こちらは私がaudiobook.jpを登録しているメール受信ボックスの画面です。

<メール受信ボックス - 『audiobook.jp、セール』で検索>

2019年10月7日からaudiobook.jpに登録しているのですが、3月までの半年間で諸連絡を除いたセールのお知らせメールが185件届いています。

1か月約30件のセールお知らせメール・・ということは、ほぼ毎日何かしらのセールを行っていそうですね。


 

実はこの記事を書き始めてaudiobook.jpのお得さに気づき、2日前から月額会員になりました!

今後は会員限定セールのメールも届くのかなーと思うとわくわくです。

欲しい本をお得に買うには?『ほしいものリスト』を活用しよう

いくらセールが頻繁に行われているとしても、読みたいタイトルがセールになっていないとあまり意味がないですよね。
そんな時におすすめなのが、『ほしいものリスト』という機能です。

『ほしいものリスト』は興味のあるタイトルや、いつか読みたいタイトルをリストに登録できる機能です。


 

ほしいタイトルはこのリストに入れて気づいたときに確認するようにすると、セールになった時にお得に購入できますよ!

何に注意が必要か

audiobook.jpを使う時に気を付けることは主に5つあります。

<気を付けること>

  • 返品できない
  • iOSアプリ専用の『コイン』は1コイン1円ではない
  • iOSアプリとWebサイトでは、料金が異なることがある
  • 聴き放題は全タイトルが対象ではない
  • 聴き放題で聴いた本は、プランを解約したら聴けなくなる


1. 返品できない

audiobook.jpでタイトルを購入する際の1つ目の注意点は「返品・交換ができない」ということです。

紙の本を購入する際も基本的には返品・交換ができないので問題ないと思う方もいると思いますが、紙の本と異なるケースとしては「ナレーターの声が合わない場合がある」点です。

audiobook.jpでタイトルを購入する際はサンプルを聴くことができるので、購入前に確認してみてくださいね。

2. iOSアプリの専用コインは1コイン1円ではない

audiobook.jpには月額購入するともらえる『ポイント』のほかに『コイン』というものがあります。
これはiOS(iPhone, iPad)アプリユーザーがアプリ上でタイトルを購入するときに使えるものなのですが、1コイン1円ではありません。

一例として、『イノベーションのジレンマ』というタイトルのコイン価格とコイン購入価格を載せます。

イノベーションのジレンマ購入ボタンには840コインと書かれています。コイン購入価格を見ると、60コインが120円となっています。
つまり1コイン=2円となり、『イノベーションのジレンマ』は日本円で1680円となります。

3. iOSアプリとWebサイトでは、料金が異なることがある

もう1つ注意していただきたいことは、iOSアプリ上でタイトルを買う場合とWebサイト上で買う場合で料金が異なる場合があるということです。

下記は同じ日の同じ時間帯に『イノベーションのジレンマ』の価格を調べた画面です。
iOSアプリ(3/22時点最新バージョン)上では840コイン、つまり1680円なのですが、ウェブサイト上ではセール価格の1100円です。

 

デバイスによって購入価格が違うということはほかのサービスでもよくあることですが、アプリ上で買う場合は念のためWebサイトでも料金を調べてみてくださいね。

 

4. 聴き放題は全タイトルが対象ではない

引用:audiobook.jp

こちらの画像を見たことはありますか?audiobook.jpの聴き放題広告です。

何冊でも聴き放題というのはとても魅力的ですよね!

聴き放題プランの購入を考えている方にきちんと知っていてほしいことが、聴き放題は購入できるオーディオブックの一部が対象で、すべての本が聴けるというわけではないということです。


 

私ははじめ「全部のタイトルが聴ける」と勘違いしていたので、聴き放題を始めてみようかなと思っていました。

結局単品購入から始めましたが、もし「全部聴ける」と思って聴き放題を試していたら、初月0円だとしてもとても満足度が低かったと思います。

参考までに私がこれまでにaudiobook.jpで購入した9つのタイトルが聴き放題対象になっているか調べてみたところ、今のところ聴き放題対象になっているものは1つもありませんでした。

<今までにaudiobook.jpで購入したタイトル>

  • たった一人の分析から事業は成長する
  • 1兆ドルコーチ
  • 影響力の武器
  • 完訳 7つの習慣
  • ネクストソサエティ
  • Search Inside Yourself
  • 経営戦略全史
  • ビジネスモデル全史
  • 思考は現実化する


聴き放題の対象になっているかどうかは、アプリの検索画面から「聴き放題のみ」の条件を付けることで調べることができます。

<audiobook.jp 聴き放題タイトル用条件用フィルタ>


 

このフィルタを使って検索したところ、読み放題の中にも読んでみたい本がたくさん見つかりました!

audiobook.jpの読み放題は、特定の本を読みたい場合ではなく、決められた選択肢の中からいろいろな本を読んでみたいにおすすめのサービスといえますね。

●聴き放題ならaudiobook.jp●

5. 聴き放題で聴いた本は、プランを解約したら聴けなくなる

audiobook.jpで購入したタイトルは月額プランをやめても通常会員である限り聴き続けることができます。ただ、聴き放題プランで聴いていた本は、プランをやめると聞くことができなくなります。


 

聴き放題で気に入ったタイトルは、ほしいものリストに入れておくと良いかもしれないですね!

参考:
audiobook.jp - 購入・決済をキャンセルしたい
audiobook.jp - コインとは
audiobook.jp - 聴き放題プランとは
audiobook.jp - 聴き放題プランの解約

どんなコンテンツを聴くことができるか

audiobook.jpは2019年10月時点で27,000タイトルのオーディオブックを配信しています。これは国内トップの数字です。
具体的にはどんなタイトルを聴くことができるのでしょうか。


 

この章では、audiobook.jpで購入や視聴ができるタイトルのジャンルおすすめタイトルについて説明しますね。

ジャンル

audiobook.jpのオーディオブックは9カテゴリに分類されています。

<audiobook.jpで購入できるタイトルのジャンル>

  • ビジネス
  • 自己啓発
  • 教養
  • 語学
  • 実用・資格
  • 文芸・落語
  • ラノベ・アニメ・ラジオドラマ
  • 講演会
  • ロマンス

おすすめタイトル

何を聴こうか迷ったときは、audiobook.jpのおすすめから選んでみてください。

audiobook.jpでは、『週間総合ランキング』、『能力を発揮するための「脳」とのつきあい方』、『論理的思考力の上手な鍛え方』、『できる人はこう休む!成果を出し続けるための休息法』など様々な切り口でおすすめのリストを紹介してくれています。

2020年3月15~21日の週間総合ランキングを載せますね。
(最新のおすすめが知りたい方はこちら)

<audiobook.jp 週間総合ランキング リンク>

 1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え
 さぁ はじめよう 幸福学入門
❸ 父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。
 イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」
 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
❻ 情報だけ武器にしろ。: お金や人脈、学歴はいらない!


 

audiobook.jpでは比較的新しい本も続々と販売されています。
私の個人的なおすすめリストもあるので、また別の記事にまとめますね。


誰かに
音読してもらえるなら、どんなジャンルの本を聴いてみたいですか?

どうやって使うのか

audiobook.jpはアカウントを作れば簡単に使い始めることができます。


 

アカウント作成は、名前とメールアドレスを記入しパスワードを設定するだけです!

届いたメールを確認して認証して、、というようなステップもありません。

<audiobook.jpの使い方ステップ>

① 会員登録(こちら)
② 読みたい本を購入、または聴き放題無料体験に登録
③ ケータイまたはタブレットにアプリをインストールするか、PCからウェブサイトを開き購入したタイトルを視聴

<audiobook.jp登録画面>

1. 名前、2. メールアドレス、3. パスワードの設定で通常会員の登録が完了します。

再生対応端末

audiobook.jpはスマホタブレットPCで聴くことができます。
詳細を説明する前に、ダウンロード再生とストリーミング再生の違いについて載せておきますね。

<ダウンロード再生とストリーミング再生の違い>

ダウンロード再生

  • スマホやPCなどの端末に動画や音声をダウンロードし、インターネットの接続なしに視聴できる再生方法

ストリーミング再生

  • 端末にデータをダウンロードしなくても、インターネットに接続することでサーバー上の動画や音声を視聴できる再生方法


デバイスとOSの組み合わせによって、アプリとWebサイトでできることが異なるので、表にまとめたのがこちらです。

<端末×アプリ/ウェブ 機能詳細>

audiobook.jpはスマホ、タブレットともにアプリがあります。PC用のアプリはありません。
❷ スマホ・タブレットのアプリでオーディオブックを聴くときは、音声データをダウンロードしてから聴くダウンロード再生のみとなります。
スマホ、タブレット、PCからWebサイトにアクセスすると、音声データダウンロードをすることができます。
audiobook.jpのWebサイトには再生機能がないので、ダウンローとした音声はスマホやPCの再生機能(Windows Media Playerなど)で聴く必要があります。また、再生速度はダウンロード時に選択します。

アカウントの共有

audiobook.jpでは、1つのアカウントで最大4台まで同時にログインすることができます。

同時ログインの条件は、異なる端末またはOSの組み合わせであることです。
iPhone、iPad、Androidスマートフォン、Androidタブレット各1台ずつまで同時ログイン可能です。iPhone2台やiPad2台で同時にログインすることはできません。


 

私は妹にaudiobook.jpのアカウントを共有していて、一緒のタイトルを聴いています。たまにオーディオブックの感想を話したりしますよ。

まとめ


オーディオブックは聴き始めた時から日々読書量が増えていきます。
聴き終わった本がたまっていくのは達成感がありますし、
聴いていない人とは読書量に大きな差がつきます。

audiobook.jpはセールを上手に活用すれば紙の本よりもお得に購入できますし、幅広くいろいろな本を聴きたい人は聴き放題プランでお得にたくさんのタイトルを聴くことができます。

まずはaudiobook.jpのアカウントを作成し、積読コレクションの中から読みたい本を検索してみてくださいね


 

楽しいオーディオブックライフを!

●audiobook.jpはこちら●


<関連記事>

この記事に関連するラベル

ページトップへ