オーディオブックも聴ける!無料で楽しめる音声サービス9選

記事更新日: 2020/03/31

ライター: 結(ゆい)


 

りえ

最近マンガを無料で楽しめるサービスが多いね。つい読んじゃうなー。


ゆい

そうだね!マンガに限らず無料で楽しめるサービスが増えてるよね。


 

 

りえ

マンガ以外だとどんなサービスが無料?


 

ゆい

私はオーディオブックとかポッドキャストとかよく聴いてるよ!


 

りえ

へー!無料で楽しめるおすすめはある?


ゆい

 

 

 

うん、たくさんあるよ!紹介するね。

 

ポイント
  • 通常有料のオーディオブックを無料で聴く方法があります。
  • その他、有益な音声コンテンツを無料で配信しているサービスがたくさんあります。
  • この記事を読むと、様々な音声サービスを無料で楽しむ方法がわかります。

 

<関連記事>

音声コンテンツとは?


 

音声だけで楽しめるコンテンツには主に3種類あります。

❶ 本の朗読を聴ける『オーディオブック』
❷ 様々な番組を聴ける『ラジオ』や『ポッドキャスト』
❸ あとは、おなじみの『音楽』 です。

音声コンテンツはながら聴きができるので、家事や通勤の合間に活用する人が多いです。

<例:オーディオブックを聴くシーン>

引用:audiobook.jp オーディオブック白書2019


 

この記事では❶オーディオブックと、ラジオやポッドキャストなどの音声番組がネットやアプリで無料で聴けるサービスについて紹介していきますね。

オーディオブックと音声番組のサービス一覧


 

オーディオブックやポッドキャストが聴けるサービスは世の中にたくさんあります。

私が使ってみた9個のサービスがこちらです。

<筆者が使用している音声サービスアプリ>

この9個のアプリのうち、オーディオブックだけ聴けるもの、音声番組だけ聴けるもの、両方が聴けるもののがあります。
その分類をしたのがこちらの表です。

オーディオブックも音声番組も両方楽しめるのは、audiobook.jpAudibleHimalayaKikubonの4サービスです。

HQReaderはオーディオブック、PodcastRadikoVoicyは音声番組が楽しめます。
※Readerでは電子書籍を読むこともできます。


 

私はオーディオブックを聴くときはaudiobook.jpやAudible、音声番組はPodcastやVoicyをよく使っています。

サービス概要


 

先ほど紹介した9個のサービスについて、それぞれ簡単に説明していきますね。

① audiobook.jp (オーディオブックドットジェーピー)

サービス名
audiobook.jp
開始時期
2017年
運営会社
オトバンク
配信内容
① オーディオブック
② 音声番組
日本語
配信数
① 27000以上(2019年)
② 14番組(2020年)
視聴ツール
アプリ(iOS、Android)
Webブラウザ
  • audiobook.jpは日本最大のオーディオブックサービスです。
  • 2004年から始まったFeBeというサービスと統合されました。
  • セールが頻繁に行われるため、紙の本より安くオーディオブックを購入できることがあります。
  • 月額固定で聴き放題のプランがあります。
audiobook.jpの公式サイトはこちら

参考:PRTIMES - シマラヤジャパンとオトバンクが業務提携

② Audible (オーディブル)

サービス名
Audible
開始時期
2015年
運営会社
Amazon
配信内容
① オーディオブック
② 音声番組
配信数
① 13000以上(2020年)
② 16番組(2020年)
視聴ツール
アプリ(iOS、Android)
Webブラウザ
  • Audibleは世界最大級のオーディオブックサービスです。
  • 日本語のオーディオブック数はaudiobook.jpに次ぐ数を販売しています。
  • 月額会員になるとお得にオーディオブックを購入できるプランがあります。
Audibleの公式サイトはこちら

③ himalaya (ヒマラヤ)

サービス名
himalaya
開始時期
2017年
運営会社
シマラヤジャパン
配信内容
① オーディオブック
② 音声番組
配信数
① 26000以上(2020年)
② 1200番組(2020年)
視聴ツール
アプリ(iOS、Android)
Webブラウザ
  • シマラヤジャパンの親会社であるシマラヤは、2012年に北京に設立された会社です。
  • シマラヤはXimalaya.comという音声プラットフォームを運営しており、登録ユーザーは2020年時点で6億人を超えています。
  • 日本ではaudiobook.jpの運営会社であるオトバンクと業務提携を行い、日本語のコンテンツを提供しています。
himalayaの公式サイトはこちら

参考:PRTIMES - シマラヤジャパンとオトバンクが業務提携
himalaya

④ Kikubon (キクボン)

サービス名
Kikubon
開始時期
2014年
運営会社
アールアールジェイ
配信内容
① オーディオブック
② 音声番組
配信数
① 800以上(2020年)
② 26番組(2020年)
視聴ツール
アプリ(iOS、Android)
Webブラウザ
  • Kikubonはウェブサービス業務を手掛けるアールアールジェイ社によって運営されています。
  • ビジネス本に力を当てているオーディオブックサービスが多い中、KikubonではSF、ミステリー、ファンタジーのオーディオブック配信に力を入れています。
Kikubonの公式サイトはこちら

参考:Kikubon
オーディオブック『kikubon』は他と違う!4つの視点から解説!

⑤ HQ (エイチキュー)

サービス名
HQ
開始時期
2017年
運営会社
Inkstone Software
配信内容
① オーディオブック
日本語
配信数
① 400以上(2020年)

視聴ツール
アプリ(iOS)
  • 運用会社のInkstone Softwareはポーランドで設立された会社です。
  • HQはiOSのみで楽しめるオーディオブックアプリで、海外のオーディオブックが大半を占めています。
  • Old Time Radioという名称で音声番組も聴けますが、日本語の番組は提供されていません。
HQの公式サイトはこちら

参考:INKSTONE SOFTWARE - ABOUT

⑥ Reader (リーダー)

サービス名
Reader
開始時期
2012年(e-book)
運営会社
Sony
配信内容
① オーディオブック
日本語
配信数
① 101(2020年)
視聴ツール
アプリ(iOS、Android)
Webブラウザ
  • ReaderはSonyが運営しているe-bookアプリです。
  • Readerは電子書籍から始まり、Kindleのような専用端末も発売されています。
  • 最近はオーディオブックも取り扱っており、2020年3月現在で約100タイトルのオーディオブックが販売されています。
Readerの公式サイトはこちら

参考:ITmedia - eBookUSER ソニー、「Reader for iOS」を海外でリリース

⑦ Podcast (ポッドキャスト)

サービス名
Podcast
開始時期
2017年
運営会社
Apple
配信内容
① 音声番組
日本語
配信数
①  200番組以上(2020年)

視聴ツール
アプリ(iOS、Mac)
  • PodcastはApple社が運営しているポッドキャストです。
  • 2005年にiTunesでポッドキャストが購読できる機能を追加されたことが始まりです。
  • 2017年にはiTunes PodcastからApple Podcastにブランド名が変更されました。
Podcastの公式サイトはこちら

参考:CORRIENTE.TOP - Apple、「iTunes Podcast」のブランド名を「Apple Podcasts」に改名 パブリッシャー向けサイトから新しいロゴがDL可能に

⑧ radiko (ラジコ)

サービス名
radiko
開始時期
2010年
運営会社
radiko
配信内容
① 音声番組
日本語
配信数
① 4000番組以上
(2020年時点参加局数から推定)
視聴ツール
アプリ(iOS、Android)
Webブラウザ
  • radikoは日本のラジオ放送がネットで聴けるサービスです。
  • 運営会社のradiko株式会社は民間放送局と電通株式会社の計14社で設立した会社です。
  • 基本的には今いる地域のラジオ放送が無料で聴けますが、有料会員になると全国の放送局の番組が聴き放題になります。
radikoの公式サイトはこちら

参考:radiko - ラジコの放送局一覧
radiko - エリアフリーとは ?

⑨ Voicy (ボイシー)

サービス名
Voicy
開始時期
2016年
運営会社
Voicy
配信内容
① 音声番組
日本語
配信数
① 250番組以上(2020年)
視聴ツール
アプリ(iOS、Android)
Webブラウザ
  • Voicyは様々な業界に精通したパーソナリティによる「声のブログ」やニュースなどの番組が聴けるサービスです。
  • 音声プラットフォームとしても機能しており、だれでもパーソナリティとして応募することが可能です。
  • 250以上の番組が無料で聴けるサービスです。
Voicyの公式サイトはこちら

参考:Voicy
PR TIMES - ボイスメディア「Voicy」サービスリリース3周年! 〜Voicy初のTwitterキャンペーン、「この人のこんな話を聞きたい」を大募集〜

無料で楽しむ方法


ゆい

ここからは、それぞれのサービスを無料で楽しむ方法を確認していきましょう。


これら9個のサービスを無料で楽しむための方法は大きく3種類に分かれます。

<無料で楽しむ方法>

  • 初回のお試し制度を利用してオーディオブックや番組を無料で聴く方法
  • 著作権が切れている本などのオーディオブックを無料で聴く方法
  • オリジナル番組などを無償で提供しているサービスを使って聴く方法

 

1つ1つ説明していきますね。

無料で聴く方法詳細1 - 初回お試し制度

1つ目は初回お試し制度を利用する方法です。
特にオーディオブックなど有料で提供されているサービスは、初めの1か月程度無料で使えるサービスが多いです。

この方法は”期間限定で”無料に使える方法ですね。


 

無料体験でも初めに支払い方法を登録するサービスがほとんどです。

無料期間が終わると自動で課金されるサービスもあるので、お試し終了数日前にリマインダーを設定しておくと安心ですよ。

無料で聴く方法詳細2 - 著作権切れなど


2つ目の方法は、著作権が切れている本などのオーディオブックを聴く方法です。

本の著作権は、原則、発表から著者が亡くなったあと70年間と定められています。
例えば夏目漱石は1916年に他界しているので、2020年現在『吾輩は猫である』などの著書はすべて著作権保護期間が終わっていることになりますね。


 

著作権が切れた本をオーディオブックとして無料で配信しているサービスがいくつかあります。

参考:CRIC 公益社団法人著作権情報センター - 著作権の保護期間はどれだけ?

無料で聴く方法詳細3 - オリジナル番組など

ラジオ番組が無料で聴けるように、オリジナルの番組を無料で提供しているサービスもあります。

通常は広告収入などユーザーからお金を取る以外の課金モデルを採用していることが多いのですが、Voicyのように広告もなく利益度外視で有益な番組を放送しているサービスもあります。

ポイント
  • 音声コンテンツを無料で楽しむ方法は下記の3通り:
    • 初回のお試し制度を利用してオーディオブックや番組を無料で聴く
    • 著作権が切れている本などのオーディオブックを無料で聴く
    • オリジナル番組などを無償で提供しているサービスを使って聴く

方法別 - 無料で聴けるサービスまとめ


 

始めに紹介した9個のサービスを、無料で楽しむ方法別に分類してみました。

1. 初回お試し制度を使って無料で楽しめるサービス

初回お試し制度で楽しめるサービスはこちらの4つです。

このうち、❶ audiobook.jp❷ Audibleは日本のオーディオブック2大サービスです。特定の本を探したい場合はどちらかのサービスで探してみることをお勧めします。

❶ audiobook.jpはオーディオブックの聴き放題が初月無料です。

❷ Audibleは初めの1冊が無料で聴けます。

❸ Himalayaも2020年2月13日からオーディオブック聴き放題プランを提供しています。聴き放題は7日間無料でお試しができます。

❹ radikoは全国のラジオ番組が聴けるサービスです。今いるエリアで放送されている番組は無料で聴けますが、全国の番組を聴くためには月額350円のプレミアム会員になる必要があります。プレミアム会員は登録初月無料のお試しができます。

2. 著作権切れなどの本を楽しむサービス

著作権切れの本などのオーディオブックを無料で楽しめるサービスはこちらの3つです。

❶ Kikubonは有料のオーディオブックも販売していますが、82タイトルが無料で提供されています。
無料で聴けるのは主に「人魚姫」「赤い靴」などの童話や江戸川乱歩の小説などです。

❷ HQで聴ける日本語のオーディオブックは約35タイトルです。
無料で聴けるのは島崎藤村の「ふるさと」、松尾芭蕉の「奥の細道」など古典が多いです。

❸ Readerで無料で聴けるオーディオブックは20タイトルで、全てアダルトジャンルです。
電子書籍がメインのサービスなので、オーディオブック自体の提供数に伸びしろがあります。


 

KikubonもHQも無料のオーディオブックがありがたいのですが、アプリが少しわかりにくいので注意してくださいね。

Kikubonはウェブサイトから聴きたいオーディオブックを登録すると、アプリでも聴けるようになります。
アプリから聴きたいオーディオブックを選ぶことはできません。

HQはアプリで読みたい本を探せるのですが、アイコンが見慣れません。

念のため日本語オーディオブックの探し方を載せておきますね。

3. オリジナル番組などの無料配信を楽しむサービス

オリジナル番組などを無料で楽しめるサービスはこちらです。

このうちすべての番組が完全に無料なのは❶ Podcast❸ Voicyです。(2020年3月時点)

❶ PodcastはAppleが運営しているPodcastサービスで、iOSやMacのみで使用可能です。
日本語でも200番組以上がすべて無料で聴けます。

Appleユーザーではない人は、海外のサイトですがこちらからウェブ経由で日本の番組を聴けるので試しに聴いてみてくださいね。

❷ radikoは、今いるエリアで放送されている番組が1週間前の放送分まで無料で聴けます。その他のエリアの放送を聴く場合は月額会員になる必要があります。

❸ Voicyも提供されている番組はすべて無料で聴くことができます。

キングコング西野さんの「西野亮廣エンタメ研究所」やブロガー・作家のはあちゅうさんの「自分を仕事にする生き方」など様々な番組が無料で楽しめます。

❹ himalayaはオーディオブックも充実していますが、無料で聴ける番組も多いです。番組のジャンルも多岐に渡り、様々なジョークを数十秒で紹介している「世界のジョーク」から、日々のニュースを配信する「朝日新聞アルキキ」などたくさんあります。

おすすめサービスTOP4


 

ここまで様々なサービスを紹介しましたが、私が日常的に使っているサービスはこちらの4つです。

同率1位audiobook.jpAudibleは、無料体験の後に会員になりました。

とても便利で、基本的に毎日使っています。
日々の通勤や移動中は常に何かしらのオーディオブックを聴いています。

2位のVoicyはニュースやお気に入りの番組を聴くために使っています。
いつも平日の朝のメイク時間と、お風呂に入っているときに聴いています。

3位のPodcastは週2-3回使います。
「質問型営業」というお気に入りの番組があるので、仕事でお客様に提案に行く日に聴くようにしています。

おすすめサービス詳細


 

私が愛用しているサービス詳細とおすすめのオーディオブック・番組をお伝えします。

audiobook.jp

audiobook.jpは日本最大のオーディオブックサービスです。

audiobook.jpは基本的にはアカウントを登録すると基本料金無料の『通常会員』として欲しいタイトルだけを購入して楽しむことができます。

無料体験は前の章で紹介した通りですが、audiobook.jpはお得に続けるためのプランがあります。また、単品購入も他のサービスに比べて安価に買えることが多いです。

●audiobook.jpのプラン

audiobook.jpをお得に使う方法として、2つのプランに加入することができます。

① 月額会員プラン:ポイントを定期購入するプラン
② 聴き放題プラン:月額750円で対象のオーディオブックを好きなだけ聴けるプラン

audiobook.jpプラン詳細はこちら↓


●audiobook.jpの値段

audiobook.jpではとても良心的な値段でタイトルの単品購入ができます。
2大サービスのAudibleと比較しても、1つ1つのタイトルはかなり安く設定されています。

audiobook.jpとAudible両方で購入できるタイトル5つをランダムに選んで比較した表がこちらです。
audiobook.jpの方が安く、0円以上1000円未満の差額がある場合は緑、1000円以上の差額がある場合は赤色を付けています。
※ Audibleでは非会員と月額会員で同じタイトルを購入する料金が異なります。詳しくはこちら

<Audible・audiobook.jp タイトル料金比較>

Audibleの非会員料金を比べると、すべてのタイトルでaudiobook.jpの方が安いことがわかります。

さらに、audiobook.jpでは定期的にセールを開催しているのですが、その割引率が高いです。
2020年3月22日時点でセール価格になっているタイトルをランダムに4つ選び、Audible、紙の本と比較した表がこちらです。

<Audible・紙の本・audiobook.jp(セール時) 料金比較>

※ 紙の本の値段はAmazon.jpで検索した価格です

このように比較するとセールを活用すれば紙の本よりもお得に購入できることがわかります。

●audiobook.jpのおすすめオーディオブック

audiobook.jpの公式サイトはこちら

Audible

Audibleは世界中で何百万人もの人が利用している世界最大級のオーディオブック配信サービスです。
日本では2015年にサービスを開始し、同じく2大サービスの1つであるaudiobook.jpに次ぐ数の日本語タイトルを販売しています。

Audibleを始めるためには、amazon(アマゾン)アカウントが必要です。
既にamazonアカウントを持っている場合は、新規アカウントを作る必要はありません。


 

amazon prime(プライム)に加入していると様々なサービスが追加料金なしで利用できますが、Audibleでオーディオブックを聴くときはprime会員別途費用が掛かります。

●Audibleの会員区分

Audibleでオーディオブックを聴くときは、2つのオプションがあります。

 非会員として月額無料で利用する
 月額会員として月額1500円を払い利用する


 

Audibleは月額会員になるとどんな値段のタイトルも毎月1つは1500円で購入できます

非会員としてオーディオブックを購入するととても高いので気を付けてくださいね。

Audible月額会員の仕組みや特典はこちら↓

●Audibleのおすすめオーディオブック Best3

Audibleの公式サイトはこちら

Voicy

Voicyではすべての番組を無料で聴くことができます。

使い方は、直接ウェブサイトを開くかアプリをインストールするだけです。


 

名前、メールアドレス、パスワードを登録すると、好きな番組を登録しておくことができます。

通常このような無料で聴けるサービスは広告費などで収益を得ているのですが、Voicyでは広告が表示されません。

今のところは投資家から集めた費用でサービスを提供しているようです。
Voicy代表緒方さんのツイートを紹介しますね。

 

●Voicyのおすすめ番組

Voicyの公式サイトはこちら

Podcast

Podcastも、全ての番組を無料で聴くことができます。こちらも広告がありません。

Podcast単体で収益化を狙うというよりは、Appleユーザーの利用満足度向上という観点が大きいようです。


 

PodcastはApple製品がないと聴けないので、本業の売り上げ貢献になっていそうですね。

●Podcastのおすすめ番組




 

最近はコロナが心配なので「コロナウィルスINFORMATION」も聴いています。
家にテレビがないので、時事情報とても助かっています!早く終息すると良いですね。。

Podcastの公式サイトはこちら

参考:PODCAST INSIGHTS
QUORA - Does Apple make money from podcasts?

まとめ

無料で楽しめる音声サービスはたくさんあります!


 

隙間時間やリラックスタイムに楽しく情報収集はいかがでしょうか?

無料でいろいろと試してみて、お気に入りのサービスや番組を見つけてくださいね。

 

<関連記事>

この記事に関連するラベル

ページトップへ