Aidemyの評判や口コミはどうなの?実際に受講して体験してみた

記事更新日: 2020/04/29

ライター: けーしー

AIをオンライン学習で学べるAidemy(アイデミー)ですが、本当にAIの知識や技術を身に付けることは出来るのでしょうか。

またプログラミング未経験でも、学ぶことは出来るのでしょうか。

この記事では、筆者が実際にAidemyを利用してみた印象とTwitterの口コミを集めて調査したAidemyのリアルな評判を徹底解説していきます。

この記事を書いた人
けーしー

AI開発に挑戦するため、プログラミング未経験から独学で勉強を始めました。学習の過程で、Aidemyなどのオンライン学習プラットフォームを利用しています。勉強して身に付けたスキルを活かして、現在はAIエンジニアとして働いています。

Aidemy(アイデミ―)とは

プログラミング未経験から、AIの知識や技術を学ぶことができる完全オンライン型の学習プラットフォームです。

教材は東京大学の教授が監修していたり、Googleとパートナー契約を結んで初学者向けコースの充実化に力を入れたりしています。

Aidemyに登録した後は、サイトにアクセスするだけでオンライン学習を始めることができるため、プログラミングに必要な環境を自分で用意する手間がありません。

けーしー

登録して、30秒後には学習を始められます。

AIの基礎知識や、プログラミングの基本など50コースの中から自分に合ったコースを選んで学習していくことができます。

代表の石川聡彦さんは、ホリエモンチャンネルでも紹介されています。

実際に受講してみました

Aidemyは、初学者でも学びやすいか実際に登録して試してみました。登録はメールアドレスを入力するだけで、30秒で完了しました。

学習コースを選ぶ

たくさんある中から、自分に学びたいコースを選んで学習できます。

 

プログラムを実行してみる

教材は、動画や実際にコードを入力して動作を確認しながら進められます。

けーしー

AIやアプリケーションの開発に使われて初学者でも学習しやすいpython(パイソン)というプログラミング言語を学べます。

 

分からなくても大丈夫

間違えると実際の開発環境と同じエラー文が出力されます。

解説やヒントもあるので、プログラミングの基礎知識がない不安な方でも安心して学習できます。

 

メンターがサポートしてくれる

けーしー

Premium Planでは、ビデオ通話やチャットで専属メンターが教えてくれます。

参照元「Aidemy Premium Plan 紹介ムービー」

Aidemyの評判

Twitterユーザーのリアルな口コミから、Aidemyの評判を調べてみました。

良かった口コミ

分からない部分をメンターに聞ける

チャットやビデオ電話で、分からない部分をすぐに専属メンターに聞くことができます。

メンターは24時間以内に返信してくれるため、分からないことを分からないままにしておくことがなくなります。

プログラミングやAIの知識は、分からないところがあっても初学者が独学で解決することは難しい部分もあります。解決できても、1日中悩んで学習をほとんど進められずに終わってしまいます。

けーしー

難しいが積み重なると、苦手意識を持ち挫折してしまいます。

最初は出来る人に聞くことが、上達していけるコツです。

学ぶ範囲が明確になる

AI技術を身に付けるためには、AIの知識はもちろんプログラミングやライブラリなど幅広く学習していく必要があります。

ライブラリとは?

開発を簡単にするための部品のようなイメージです。

プラモデルを作るときに部品を0から作るのは大変ですが、既に作られている部品を組み合わせると簡単ですよね。

AIプログラミングも、numpyやpandasという作られた部品(ライブラリ)を組み合わせて開発していきます。

学ぶ範囲が広いと何から学習して、何を学ばなければいけないのか分かりづらいです。

また自分が作りたい物があっても、実現するには何が必要なのか調べる調査力も初学者には難関だったりします。

けーしー

僕も始めたばかりの頃は、調べても全然分からずに思考停止していました。。

何を学べばいいか調べる時間を早めにメンターに聞いてしまって、学習していったほうが効率的です。

悪かった口コミ

ネガティブな口コミもいくつかありましたので紹介していきます。

初学者には難しい

学習を始めたばかりのときは、知識がないためどうしても理解するのに時間がかかります。

Aidemyでは、学習に必要な目安時間が設定されていますが学習スピードは個人差があります。

時間がかかっても理解出来たら良いので、気にする必要はありません。

また初学者向けの教材は難しいといった口コミをいくつか見かけましたが、どの教材や技術書でも最初の導入は難しく感じてしまいます。

けーしー

Aidemyの教材が特別難しいわけではありません。

最初は分からなくても良いので、とにかく問題を解いたり、コードを入力して動作を確認していくことが大切です。

続けていくうちに、点と点だった理解度が線として繋がっていきます。

料金が高い

Aidemyでは3か月、6か月、9か月のプランが用意されています。

口コミのユーザーもつぶやいてますが、最低3カ月の学習期間を取らないと身に付けられません。

けーしー

当たり前ですが、一朝一夕で身につく技術ではありません。

また教材の提供やメンター制度、課題の添削などがふくまれているため、それなりの金額は発生します。

最短でAIの技術を身に付けたい方や技術を学んで転職に活かしたい方におすすめです。

継続していくことが大事

Aidemyで学べることは、AI技術を身に付けるためのきっかけに過ぎません。3ヵ月学んだだけで、全て身に付けられるものではありません。

学んだことを転職や仕事に活かしながら、継続して勉強していく事が大切です。

Aidemy Premium Planの特徴

けーしー

Aidemy Premium Planの特徴を紹介していきます。

受講期間内なら、何度も受けられる

受講したカリキュラムを終えたら、受講期間内は他のコースも受けることができます。

例えば、3ヵ月コースのプランで最初にAIアプリ開発コースを受講します。

学習が順調に進んで2カ月半で終わった場合、残り半月で自然言語処理コースのカリキュラムも受けることができます。

けーしー

めちゃくちゃ頑張れば3ヵ月の期間で、全コース受けることも出来ます!!

課題の添削をしてくれる

週1ペースで、コースに沿った課題が用意されています。

課題を提出してメンターに添削してもらうことで、自分では気づけないコードの書き方をフィードバックしてもらえます。

けーしー

プログラミングを上達させるコツは、自分より出来る人にコードを見てもらうことです!!

分からない部分は、メンターにチャットやビデオ通話で相談することもできます。

転職支援をしてくれる

Aidemyでは、希望する転職先に合わせた教材の選定や転職相談をしてくれます。AI業界に未経験で転職を考えている場合は、戦略が必要です。

AIエンジニアの転職実績もあるため、相談してみるだけでも良いアドバイスを貰えるかもしれません。

けーしー

Aidemyで、開発したモノを転職活動でアピールすることも効果あると思います!

Aidemy Premium Planのコース

AidemyのPremium Planは、未経験から短期集中してプログラミングやAI技術を学ぶことができます。

けーしー

Premium Planは、4つのコースが用意されています。

Premium Planコース一覧

・AIアプリ開発コース

・データ分析コース

・自然言語処理コース

・LINEチャットボット開発コース

AIアプリ開発コース

画像認識を組み込んだWebアプリケーションを開発していくコースです。

けーしー

画像認識は、コンピュータに画像に映っているものを学習させる技術です。

AI技術で、最も注目されている分野です。

AIを組み込んだアプリは、今後も増えていきます。そのためAIアプリを開発できるエンジニアの需要も同じように伸びていくことが期待できます。

データ分析コース

必要なデータをプログラムで収集して、AIを使って分析するための技術を学べるコースです。

タイタニック号の乗客データから、AIで生存率を予測する課題に挑戦したりします。

けーしー

データ分析のスキルを扱う職業は、データサイエンティストと呼ばれています。

IT業界だけではなく、一般企業でも必要だと認知されて需要が伸びている職業です。

自然言語処理コース

画像認識と同じように注目されている自然言語処理と呼ばれる技術を学ぶコースです。

Twitterのデータから、会社の株価を予測するAIを開発していきます。

けーしー

自然言語処理は、人間が扱う言葉や文章をコンピュータに教える技術です。

Google翻訳などに使われていて、AI技術で伸びている分野のひとつです。

LINEチャットボット開発コース

画像認識とチャットボットの技術を学ぶコースです。画像認識を利用して、LINEチャットボットを開発していきます。

けーしー

AIとチャットボットの組み合わせは、コールセンターなどで使われています。

様々な業界で導入されている技術のため、今後も伸びしろがある分野になります。

AIマーケティングコース

AIを活用したマーケティングを学ぶコースです。技術だけではなく、AIを活用するためのビジネススキルを身に付けたい方におすすめのコースです。

けーしー

AIを活用したビジネススキルは、今後必ず必要になってきます。

JDLA E資格対策コース

E資格は、AIの実装スキルがあることを証明できる資格です。

受験するためには、指定された企業のカリキュラムを受講して卒業資格を取得する必要があります。

E資格対策コースを受けることで、試験を受けるための基準を満たすことができます。

けーしー

E資格は、AI企業に転職や就職する際に強くアピールできる資格です。

紹介したコース以外にも、学びたい技術に合わせてオーダーメイドのコースも作成してくれます。

AI業界は今後も伸びていく分野

AIやIoTの市場は、これから10年に渡ってどんどん伸びていく分野です。

市場は大きくなっていますが、AIやIoTを扱う人材が不足しているため、急務で育成していくことが課題になっています。

けーしー

つまり、将来的にAIスキルを持つエンジニアや営業が活躍できる場になっていくのです。

独学で技術を身に付けるのは、挫折しやすく時間もかかってしまいます。

AidemyでAIスキルを身に付けて、これから10年も活躍できるAI人材を目指していきませんか?

この記事が、あなたの背中を押すきっかけになれば幸いです。

今こそ身に付けるべき市場が伸びていく技術7選

1. AI

必要なスキル
Python、数学、機械学習の知識
収入
将来性
汎用性

ビックデータと呼ばれる膨大なデータをコンピューターに学習させることで、人間のように分類や予測することができるAI技術を組み込んだシステムやアプリケーションを開発するエンジニアです。特に画像認識や自然言語処理が注目されており、2025年にかけて伸びていく技術分野です。

2. ブロックチェーン

必要なスキル
JavaScriptやSolidity
収入
将来性
汎用性

仮装通貨に関係するブロックチェーンに関連した開発や研究をしていくエンジニアです。EthereumスマートコントラクトやHyperledgerという技術を使っていきます。開発するには、JavaScriptやSolidityの言語を習得する必要があります。

3. IoT

必要なスキル
C++やJava、ハードウェアやネットワークの知識
収入
将来性
汎用性

「モノのインターネット」と呼ばれるIoTの技術を組み込んだシステムやアプリケーションを開発するエンジニアです。家電や組み込み系の開発で使用するプログラミング言語JavaだけではなくOSやネットワークの知識も必要になってきます。スマートシティで注目された技術のため、需要は今後も伸びていくと予想されます。

4.データサイエンティスト

必要なスキル
統計、PythonまたはR、SQL
収入
将来性
汎用性

企業や社会が蓄積したビックデータを分析して、社会問題の解決やビジネスの課題を解決する職業です。統計の知識やAI、データを分析するためのPythonやRを扱うスキルが必要になります。Googleのエコノミストは「データサイエンティストは21世紀最もセクシーな職業」と評価しており、市場も伸び続けている分野です。

5.RPA

必要なスキル
VBA、システム開発、RPAツールの知識
収入
将来性
汎用性

RPAはロボティック・プロセス・オートメーションの略語で、ソフトウェア型のロボットが業務フローを代行または自動化してくれる技術です。AIやIoTと並んで注目が集まっています。RPAツールを導入する企業は今後も増えていきますので、需要は伸びていきます。

6.インフラエンジニア

必要なスキル
サーバー、ネットワーク、セキュリティの知識
収入
将来性
汎用性

開発の基盤となるサーバーやネットワーク、セキュリティの構築や運用保守していくエンジニアです。元々も需要は高い分野ですが、AIやIoTの市場拡大に伴い基盤を構築するインフラエンジニアに必要性もさらに高くなっています。

7. VRエンジニア

必要なスキル
Unity、Unreal Engine
収入
将来性
汎用性

ゲームに使われているVR技術(拡張現実)に関わる開発をするエンジニアです。VRクリエイターとも呼ばれており、UnityやUnreal Engineなどのゲームを制作するための言語スキルが求められます。VRの市場は2025年までに9兆円の市場規模が予想されているため、合わせて需要も高くなっていきます。

この記事を書いたライター

けーしー

普段はIT企業でエンジニアをしており、日々奮闘しています。

趣味で子供達にプログラミングを教えたり、甘いものを食べに出かけたりしています。

生活に彩りがつくような情報を一所懸命リサーチしていきます!

この記事に関連するラベル

ページトップへ