どの動画配信サービスが良いの?~Amazonプライムビデオ~

記事更新日: 2020/05/31

ライター: マー

新型コロナウイルスの影響で外出自粛となり

営業休止の店舗も多く、人とも接触を避けなければならないので

レンタルビデオ店に行くことも厳しい中

休日の過ごし方どうしよう・・・。

としている皆様!

ここで、貴重な休日を何もする事なく

ただ寝て過ごすやゲームのみで過ごすのは

勿体ないです。

こんな時こそ、時間と場所を選ばずに動画配信サービスをのぞき込んで

興味を広げてはいかがでしょうか?

すでに、視聴されている方もいるかと思いますが

動画配信サービスと言っても多数あります。

その中で、比較的安価で見ごたえのあるサービスの2つを2回に渡りご紹介します。

 

今回は、馴染みのあるAmazonプライムビデオについてです。

 

 

Amazonプライムビデオとは?

Amazonが展開するインターネット・ビデオ・オン・デマンド(VOD)のサービスであり

有料会員は、国内で500万人を超える人気動画配信サービスです。

Amazonプライム会員であれば、一部の動画を除き追加料金無しで視聴可能。

プライム・ビデオの概要

 

視聴可能デバイスは?

マー

家庭用ゲーム機でも視聴が出来て良いね!

 

今時、スマホを持っていない方は少数かと思いますが

家庭用ゲーム機でも視聴できるので、下記のような視聴方法も出来ます。

例①:友人などと電話やLINEしながら電話しながらは、

  内容により良いかと思いますが

  LINEトークであれば、相手に音声は聞こえないので   

  スマホで視聴中だと、返答の為に視聴を一時中断してになりますが   

  家庭用ゲーム機でだと、中断の必要がなく返答出来る。

例②:テレビを見ているような感覚で、スマホなど操作していても好きな番組が見たいときに視聴出来てしまう。

 

同時に3端末より視聴可能なので、両親や兄弟の一家で別々に視聴する事も可能となり、同一タイトルを視聴の場合は、2番組のみになりますが、同一作品だから見れなくて兄弟ケンカになる事もなさそうで良いです。

上記のような、視聴方法も可能ですが注意点が一つあります。

それは1つの端末がデバイス登録できるのは1アカウントのみということ。

つまり、下記の図のように1つの端末で2つ以上のアカウントにデバイス登録することはできません。

 

アカウントをまたぎながら動画視聴することはできないので、基本的に、どの端末でどのアカウントを使うかを決めておく必要があります。

また、視聴履歴はアカウントに紐づきますので気になる方は、履歴を削除しておく事をおススメします。

 

視聴作品は?

全てではありませんが、国内外の代表的なドラマは勿論Amazonプライムビデオのオリジナル作品や独占配信作品もあり

Amazonオリジナル作品・独占配信作品を含んだ映画・ドラマ・バラエティ・アニメなどの約1万作品以上。

マー

ここで、注意

見放題番組とは別にレンタル料金や購入料金を支払うことで約4万作品以上となります。月額とは、別に支払いが必要になりますが約5万作品以上もあれば十分すぎます。

見放題番組以外のレンタル・購入料金については有料作品の価格はレンタル・購入、タイトルや画質などにより異なります。一般的なレンタル作品の価格は100円から500円程度。

旧作は200円前後でレンタルできるものが多く、見逃していた作品を見るのにちょうどよい価格設定です。

購入作品は1000円から3000円弱程度のものが多いようです。

レンタル期間は30日間とありますが、この30日間が注意です。

 

改めてプライムビデオのページをよく読むと

「レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタル期間が終了します」

と書いてあります。

分かりにくい文章ですが、「購入後30日の間に視聴を開始すればOK、ただし一度観始めたら48時間以内に観終わってね」ということですね。

一度、見終わったが視聴後、2日以降にもう一度見たい方がほとんどになると思いますがもう一度、レンタル料金を支払う必要があります。

・2020年4月時点でのジャンル毎の内訳(レンタル・購入含む)では、

「外国映画」は1万4000本以上

「日本映画」は4万6000本以上と充実しています。

そのほか、過去3年以内にスタートした新作が中心の「アニメ」が6000本以上

キッズ・ファミリー向け映画は3000本以上と

家族で楽しめる番組も豊富です。

 

ナショナルジオグラフィックの番組を含む「ドキュメンタリー」も旅行や自然・野生動物などのカテゴリを中心に1万2000本以上の番組が用意されています。

テレビドラマは、アメリカと日本の作品が半数以上を占め、プライム会員特典で見られるのはいずれも700本弱。

この他、韓流作品等も充実してきています。

幅広いジャンルで、興味のあるジャンルから見るのが良いでしょう!

 

冒頭でオリジナル作品と独占配信作品について触れましたがここもAmazonの強みとなります。

 

独占配信作品は、時期により変わりますが現在(2020/5/3時点)では、少な目。

ただし、ジャンルは幅広く配信されています。

プライム会員で、視聴可能なのはオリジナル作品のほうが多いです。

独占配信作品は、レンタルが多いですがプライム会員でも視聴可能な作品も配信されています。

 

視聴画質は?

出来るだけ綺麗に視聴したい方が、大半かと思いますが「どの画質でも視聴できるのでは?」と思いますがAmazonプライムビデオでは、視聴する端末により画質が異なります。

そこで、端末ごとの画質についてまとめてみました。

~画質の参考~

SD画質:480p (DVDの画質)【35万画素】

HD画質(ハイビジョン):720p【92万画素】

CS放送:SD画質~地デジの画質【35万画素~156万画素】

一般の地上波デジタル放送は720pと1080pの間の画質。【156万画素】

4K画質:2160p【829万画素】

 

ストリーミング再生時の画質はSD、HD(フルHDを含む)、UHD(4K)の3つに分かれていて、ほとんどのデバイスが高画質の「HD」に対応しています。

超高画質「UHD(4K)」に対応しているのは、一部のandroid端末のみとなっています。

 

気をつけないといけないのが、Android端末のほとんどは標準画質の「SD」になることです。

例えディスプレイ解像度や作品が高画質に対応していても、ストリーミング再生時は標準画質なるので注意してください。

 

視聴方法は?

「この意味は?」と思う方!

Amazonプライムビデオは視聴する端末に、ダウンロードが出来ます。

なので、家にWi-Fi環境があるを前提の話ですが、スマホのみで視聴したいがモバイルデータ通信の速度制限が生じるので、あまり視聴が出来ないと考えてる方や外出中でも視聴したい方は、自宅のWi-Fi環境下で、ダウンロードして外出先で、視聴が出来てしまいます。

戸建ての家族で、自室だとWI-Fi電波が弱いという方でも電波の強いところで、ダウンロードして自室で、ゆっくりと視聴する事ができます。

 

ファイルサイズは?

先ほど、端末へダウンロードして視聴出来れば毎月末のモバイルデータ通信の速度制限からは、解放されますが今度は、端末の空き領域の心配が発生します。

下記は、1時間あたりの参考になります。

SDカードの外部メモリーへもダウンロード対応してますので

心配無用!

最高になると1時間で5.8GB程度になるので、ドラマ(1話)の約50分を1クール分(12話)を保存となると

外部メモリーカード容量を256GBと仮定して約70GB程度になりますので最高な画質で、移動中でも視聴出来ちゃいます。

しかし、便利だけではありません。

ダウウンロードしてオフライン環境下でも視聴可能ですがオフラインで視聴する場合は、

再生開始後48時間経過するとインターネットに接続する必要が生じます。

もちろん、インターネットへ接続すれば、48時間経過後も視聴可能。

これは、想像ですが会員登録して、好きな動画をダウンロード後に退会してその後も視聴を続けると言った事の防止をしてると思われます。

さすがのAmazonプライムビデオを提供しているAmazon!

しっかりと、対策されてます。

料金体系は?

最初に、低価格でと言いましたがここで、気になる料金体系について説明します。

上記のサービスを提供しつつ、他のサイトでもコスパ最高と言われているように月額プラン 500円(税込)、年間プラン 4900円(税込)

年間プランだと月額408円で視聴出来てしまいます。さらに、学生向けプランが用意されており月額プラン 250円(税込)、年間プラン 2450円(税込)年間プランだと月額204円と破格値で視聴出来ます。

作品の口コミ

見たい作品が、見つかったけど実際は、どうなのか?という場面で、活用すれば良いと思います。

ネットで検索する方もいるかと思いますが、Amazonプライムビデオでは、作品を選択すれば口コミが、確認できます。

良ければ、すぐ視聴する事が出来る!!

メリットがあります。

マー

他の配信サービスと比較してもコストパフォーマンス最高なので契約したい!

 

でも、これだけのパフォーマンスで何か裏がありそう・・・。

その通り!

他の配信サービスと比較しても低価格ならがパフォーマンスが良いですが

それには、以下の裏(デメリット)が隠されています。

Amazonプライムビデオの落とし穴

アプリからレンタルや購入が出来ない

普段は、スマホやタブレット端末からの視聴になるかと思いますが、amazonプライムビデオではアプリからレンタルや購入作品を視聴することができません・・・。

検索結果には出てきますが、その画面からレンタルや購入することはできず、事前やその時にブラウザで再度検索しレンタル料金を支払う必要があるためアプリからレンタルや購入をしたい方には少々不便です。

U-NEXT、dTV等は有料のコインをチャージしてアプリ上でレンタルをすることができるので、そのようなサービスと比較してまうと「不便さ」がどうしても目立ちます。

Amazonプライムビデオの良心的な点もあります!

万が一誤って有料作品をレンタルや購入してしまっても、ダウンロードやストリーミング再生を一度もおこなっておらずの条件がありますが注文から48時間以内であればキャンセルできます。

 

機能面が少し弱め・・・。

Amazonプライムビデオでのラインナップ作品で海外作品も数多くありますが

言語設定は、

・日本語吹き替え

・英語字幕

の2択だけになってしまいます。

英語の勉強の面も含めて配信サービスを利用したい人には、あまり向いていないかもしれません。

また、先ほど挙げたようにアプリからレンタルや購入ができなかったり一度字幕版または吹き替え版で視聴を始めた作品は、視聴中に切り替えることは出来ないので、再度検索画面などから再生をする必要があったりします。

また、視聴画質もスマホやタブレット端末からは視聴中は変更が出来ないので、トップ画面の設定より事前に設定が必要になります。

 

ストリーミング再生・ダウンロードより画質設定。

 

動画再生速度設定ですが残念ながら、設定不可です。

1.5倍で早く見たいや0.5倍でゆっくりと見たいの場面があってもできないです。

そのため機能面において他の配信サービスと比較すると、少し使いづらいです。

 

 

決済方法が・・・。

Amazonプライムはクレジットカードがなくてもキャリア決済に対応してますが

・docomo (d払い)

・au (auかんたん決済)

の2社だけになります。

hulu、U-NEXTなどのVODサービスは、国内大手3社のキャリア決済やプリベイドチケットなどの様々な支払い方法が用意されているので

クレジットカードを所持していない人にも契約しやすいですが、最近、格安SIMを使用している方やソフトバンクユーザーは、契約したくても出来ない?

そのような事は、ありません!!

銀行等のデビットカードがあれば使用出来ますので、持っていないから利用できないと言うことにはなりません。

 

 

無料期間後の扱い・・・。

ここで、裏の深い話になりますがどの配信サービスも無料期間が終われば、自動で終了して視聴出来なくなるだけと思いますよね・・・。

一番の注意POINTになりますが、無料で、30日間視聴(学生向けは、6ヶ月)する事が出来ますが、無料期間後は、自動的に有料会員へ移行になる為、Amazoショッピングでクレジットカード支払いを設定しておくと自動で有料会員になってしまいます。

一部のキャリア決済に、対応していない事がありますが知らぬ間に料金を支払う事が生じてしまいますので注意しないと、いけません。

マー

私もこのパターンで、有料会員になりましたが Amazonショッピングでも便利なので

いまも有料会員のままで、使用しています。

作品の入れ替わり

動画配信サービスでは、いつまでも同じ作品の配信ではユーザー離れにつながりかねないので、どの配信サービス会社でも定期的に作品を入れ替えてます。

各配信サービスにより様々ですが、Amazonプライムビデオではその入れ替わりサイクルが、他配信サービスと比較して激しいです。

しかし、一定の期間で再び配信される事もありますので、配信終了=もう二度と視聴する事ができないではありません。

しかし、見たい作品があればこの時期なので、早めの視聴をおススメします。

見たかったのに、配信が終わってると「残念な思い」をしたく無いですから。

 

広告が・・・。

最近気になっていますが、見たい動画の再生前に他の動画の案内が流れます。

しかし、直ぐ見たい方へは、スキップする事が出来ますので気にする事も無いですが連続ドラマなどを視聴時、気が抜けてしまいますよね。

実際の口コミ

いままでの事も踏まえて「実際の口コミは?」といったところで、ネットでの実際の口コミを良い点と悪い点を抜粋します。

◎良い点

・お気軽になら全然OK!ガチ視たい人用ではない

・これまで抱いていた動画配信サービスへのイメージが変わった

・付帯サービスなのに○

・動画の検索が非常に使いやすい

・プライム会員は一度は試してみるべき

×悪い点

・安物買い

・星1にもつけたくないレベル

・とにかく分かりにくい。全体像が分からない。自社宣伝バナーばかり。

・時間がかかりすぎる

・退会時には気をつけて。

引用元:https://minhyo.jp/amazon-prime-video?sort=order_point#review-pre-area

やはり、コストパフォーマンス最高の低価格だけあって悪い点も辛口な口コミもありますが、お気軽といった点やAmazonプライム会員の中で視聴出来る点で、評価はされているようです。

詳細については、引用元より閲覧して頂きたいと思います。

 

他配信サービスの比較

参考までに、他配信サービスとの比較をしてみます。

・U-NEXTが群を抜いて作品数が多いですが価格も比例して最高値の1990円。

同価格帯で、比較しますとdTVは、作品数は多いですが、これには「ワケ」がありますが別の機会で、という事にさせて頂きます。

・DMM見放題chライトは、少し値は張るが作品数が、全然少ない。

ほぼ、同一作品数を展開する

・Huluは、月額が少々高めで無料期間も短い。

・TSUTAYA TVやFODも月額が少々高めであるが、作品数が少なく1万本以下。

ただし、無料期間は30日間と長いので、その間に楽しむだけなら、選択としてアリかもです。

・Netflixは、視聴画質で月額が設定されており「800円~1800円」となります。作品数は、公開されておりませんが約3000~3500作品程度のようです。無料期間も1ヶ月と長くお好みの作品が多ければ、選択肢に入れて良いと思います。

 

この事から低価格であり、レンタルや購入作品もあるが1万作品が、プライム会員で見放題な事は、Amazonプライムビデオを選ぶメリットがあると思います。

 

まとめ

馴染みの深いAmazonが提供するプライムビデオでありビデオ視聴以外でもAmazonショッピングで、プライム会員の機能である

・日時指定やお急ぎ便が無料

・音楽が聴ける

・雑誌も見れる

そのうえで、年間のコストパフォーマンスは、月額500円であっても年間6000円で、これだけのサービスが利用出来ます。

ビデオ視聴のみでとなると、他サービスと比較して固有のデメリットもある為

正直おススメは出来ませんが、ショッピングメインで、プライム会員になり動画も視聴出来るなら、しようかと軽い気持ちで、視聴してみてお気に入りを発見出来て、この自粛期間で、外出等は出来ないけど自宅で少しでも気晴らしが出来る日々へ変えてみましょう!

この記事に関連するラベル

ページトップへ