オンライン英会話|人気のDMM英会話評判の真実は!?【体験談有】

記事更新日: 2020/05/30

ライター: はた

 

 

こちらのCM見たことありますか?

思わず「クスッ」と笑ってしまうCMでおなじみのDMM英会話ですが一体どんな英会話スクールなのでしょうか。

はた

英会話スクールは教室型とオンライン型があります。

どちらもメリットデメリットがありますが

DMM英会話はオンライン型になりますね。

 

そのオンライン英会話の中でも人気の高いDMM英会話ですが、どんな特徴があるのか深堀りしておりますので検討の参考にしてください。

またDMM英会話では無料体験がありますので「まずはお試ししてみてから」なんてこともできます。

公式HP【DMM英会話】

 

ライタープロフィール
名前:はた
1987年生まれの32歳。
英語は中学・高校で習っただけで、海外旅行に行っても全く喋られないことを痛感。
海外で悪戦苦闘し、予約したホテルに泊まれないなど様々なトラブルに見舞われたことをきっかけに英語学習を始める。
会社員として日中働きながら様々な学習法を調べ、オンライン英会話の体験レッスンを通し、最終的にオンライン英会話に行き着き英会話習得に励む。

 

オンライン英会話|DMM英会話の強み

オンライン英会話であるDMM英会話の具体的な強みそれは

DMM英会話強み
  • 初期費用0円の低価格!
  • 123カ国以上の講師陣!
  • 7,000以上のレッスン教材が無料!
  • 24時間365日いつでもレッスン可能!
  • 英語学習プログラム「iKnow!」との業務提携!

以下公式HPでも強みとして謳っていますが他社の他サービスと比較して実際どうなのでしょうか?

はた

次項で他社の各サービスと比較して見てみましょう。

 

圧倒的低価格!?

 

20社以上もあるオンライン英会話ですがその中でも特に人気の高い大手オンライン英会話で比較すると以下の表のとおりです。

教室型の一回40~50分で2,000~10,000円に比べると圧倒的に安いですね。

ただオンライン英会話の中でDMM英会話がダントツに安いわけではなく金額は僅差ですしNatibeCamp.(ネイティブキャンプ)利用が無制限のため利用すればするほど安くなるため価格で言えばトップクラスですね。

また補足ですがDMM英会話で調べたりすると「1レッスン163円~」と見かけたことがあるかもしれませんが、それは月額15,180円(税込)のプランで25分を1日3レッスンできるプランになります。

はた

人気のオンライン英会話の中でビズメイツを除いて、価格差がそれほどないのが現状です。

DMM英会話のその他の強みが他社とどう違うかが比べてみましょう。

 

123カ国以上もの講師陣の実態は!?(2020年5月の調査時点)

DMM英会話の講師は世界125カ国6,646人もの講師陣が在籍しております。

一カ国当りおよそ53人となりますが当然国によってバラつきがありその中でフィリピン人講師は2,794人と圧倒的に多いです。

オンライン英会話市場の講師は基本的にはフィリピン人講師が多くいます。

はた

フィリピン人講師が多い理由は

  • 日本の賃金はフィリピンより数倍良いため職種の一つとしてニーズがある。
  • フィリピンの小中高大学の授業は英語で行われている。
  • 映画、読書も基本英語のため日常的に英語が必要。

などが挙げられます。

その他の国の講師としては

  • 日本人講師:228人
  • アメリカ人講師:388人
  • イギリス人講師:308人

以上がDMM英会話の講師の実態です。

他社はどうかというと、レアジョブのように6,000人以上の講師全てがフィリピン人講師で統一している会社もあれば、ネイティブキャンプも110カ国以上もの講師がいるところあります。

英会話の向上、継続するためにはどこの国の講師というよりかは、講師自身の指導の質あるいは会社としての講師への指導方針によるものが多いです。

ですので英会話を学びたいという目的においては講師の国数が多いということではなく、良い講師に巡り合えるかということが大事です。

またその先の目的として様々な国の人と話して”その国の文化”、”その国の流行”などを知りたいという方にはレアジョブよりもDMM英会話が良いと言えます。

はた

DMM英会話の講師が実際どうかというのは”口コミ・体験者の声”の項目にまとめております。

 

教材は量より質?

DMM英会話には10段階の英会話レベルごとに7,000以上もの教材を無料で利用できます。

レアジョブ、ネイティブキャンプはそれぞれレアジョブ4,000以上ネイティブキャンプ5,000以上とそれぞれ非常に多いです。

はた

また各社ともにレベル10段階で無料で用意されており、数だけみても測れないですね。

 

そこで気になるのが中身ですが、各社ともに公式HP上ですべて見れることが出来ます。

教材については量より質の点が重要ですので一度事前に目を通してみて自分に合いそうなのはどれか見てみると良いと思います。

下記に公式HPのリンクを貼っておきますのでご利用ください。

公式HP【DMM英会話】

 

24時間利用できるけど予約の仕組は!?

DMM英会話は予約はレッスン開始の15分前まで可能です。

最大予約数はプラン毎に以下の通りとなります。

  • 1日1レッスンプラン…最大予約数1
  • 1日2レッスンプラン…最大予約数2
  • 1日3レッスンプラン…最大予約数3

予約は当日、翌日以降に限らず上記の最大予約数まで予約可能となります。

予約を1つ消化すると次の予約が可能となります。

また予約は一週間先まで可能です。

はた

つまり注意しなければならないのは、人気講師は当日予約できる可能性が少なく、また人気講師を求めて一週間先を抑えてしまうとその間レッスンを消化するまで予約ができないということですね。

特定の講師をずっと選び続けるのはできないのでそこは割り切って「いろんな人と会話してみよう!」と思えると良いですね。

他社はどうかというとレアジョブは予約は1レッスンまでとなります。

それに対してネイティブキャンプはなんと20レッスンまで予約可能(同一講師は1日4レッスンまで)です。

はた

予約数で言えばネイティブキャンプは断トツでお気に入りの講師が見つかった場合抑えやすいですね。

 

英語学習アプリ「iKnow!」は利用すべき!?

英語の4技能といわれる「読む(リーディング)」「書く(ライティング)」「話す(スピーキング)」「聞く(リスニング)」ですが、「iKnow!」アプリを使うことでそれぞれバランス良く学習でき、また隙間時間も有効利用可能となります。

「iKnow!」は一般的な英会話の95%をカバーする4,000単語・800フレーズを学ぶことができます。

パソコン、タブレット、スマートホンで利用が可能です。

はた

英語学習に限らず学習を効率的に行うには「予習・復習」「効率的学習(隙間時間の活用)」「継続」が大事です。

 

「iKnow!」アプリで⇒「読む(リーディング)」×「書く(ライティング)」

オンライン英会話で⇒「話す(スピーキング)」×「聞く(リスニング)」

を鍛えることができ4技能をバランスよく鍛えることが出来ます。

また通勤・通学やちょっとした隙間時間などでオンライン英会話ができない時に「iKnow!」で単語学習を行うという効率的な学習が可能です。

また皆さんも「忘却曲線」という言葉を聞いたことあるかと思いますが、人間は学習して覚えたことを20分で42%も忘れてしまい1日で74%も忘れてしまうのです。

そこで大事なのがやはり復習をする事と、その復習のタイミングです。

「iKnow!」にはそれを促してくれる”Memory Bank”(PC版のみ)という機能があり忘れる頃に学習ができるようにサイクルが組まれています。

はた

理にかなった学習が可能なアプリなんですね。

またアプリ自体は月額1,530円かかるのですがDMM英会話会員は無料で利用できます。

他社はどうかというとレアジョブ・ネイティブキャンプ共には隙間時間を埋めるようなオンライン英会話以外のアプリはないためDMM英会話だけの強みと言えます。

 

オンライン英会話をするために準備・必要なもの

なんとなく想像はできるものの本当に足りているか不安という方はご参考ください。

はた

必要なものは以下が挙げられます。

  • 端末(パソコン、タブレット、スマートホンのいずれか。)
  • インターネット回線。
  • スカイプや各社の自社アプリ
  • インカメラ機能(自分の顔を映すため)
  • マイク

それぞれの項目でみなさんの気になることを次項意向でまとめておきましたのでご参考ください。

端末は何でも大丈夫か?

はた

基本的にはパソコンまたはタブレットがおすすめです。

スマートホンでも出来なくはないですが画面が小さすぎるのとチャット機能などを使うとき、あるいはジェスチャーをするなどの時にスムーズではないためできればキーボードのあるパソコンやタブレットが良いですね。

 

インターネット回線はどれくらいが十分?

はた

明確な基準は各社ないですが、一般的にはyoutubeがHD720pの画質で見られる程度あれば大丈夫です。

その他おすすめの確認方法としてはオンライン英会話は基本無料体験がありますので一度試してみて、会話が途切れる事なくスムーズにできるかを試した方が良いですね。

 

マイクがパソコンについているかわからないけど?

はた

デスクトップ型パソコンは内臓は基本されてないので外付けの必要があります。

タブレット、スマートホンは基本ついていますが、そこで問題なのがノートパソコンですね。

最近のノートパソコンであれば基本ついているとは思いますがいざやろうとして別売りのマイク付きヘッドホンがないと出来ない!と当日慌てないように事前に確認されることをお勧めいたします。

Windows10にはなりますが下記手順で確認が可能ですのでご参考ください。

マイクの有無確認手順4ステップ【Windows10】

 

 

 

みんなの口コミ・体験者の声は?

はた

やっている人の声は気になりますよね。取り組み方の気づきにもなると思います。

 

体験者の声は?【講師編】

はた

講師の方に左右される部分も多いですが実際の評判をツイッターで検索してみました。

 

 

 

 

 

はた

人気講師であれば実績は保証されており安心のようです。

講師の人気については最大5の評価で「4.99」のように利用者により細かく採点されているので、参考にし人気講師を選べると良いですね。

ただし、人気の講師は競争率が高いためピーク時間帯などは予め予約しておかないといけないですが、何人かお気に入りの講師を見つけておいて予約できる講師を増やしていけると上手い使い方ですね。

 

体験者の声は?【学習効果】

はた

次に体験者の方の感じてる学習効果の声を調べてみました。

 

 

 

 

はた

学習効果を感じている人は多いようですがオンライン英会話の取り組み姿勢によっては差がでることもあるようですね。

 

人によって取り組む本気度や、かけている時間も違いますので一概に効果が出ますとは言えません。

ですが効果が出ている人がいるのは事実であるためその人たちに共通することは何なんでしょうか?

そこで、具体的にオンライン英会話でも効果が出る人・出づらい人の差はなんなのかどうのような取り組みの人が効果が出ているかなどを別の記事にてまとめてみましたのでより効率的に学習を進められるようご参考ください。

 

 

 

教室型(スクール型)・オンライン型のメリット・デメリット

 

はた

教室型、オンライン型で迷っている方は、それぞれのメリット・デメリットを理解してから選ぶとより自分に合う合わないがわかりますね。

 

教室型(スクール型)のメリット・デメリット

教室型はお店を構え、講師もそこにいけばいるということから以下のようなメリット・デメリットが挙げられます。

メリット
  • 通うため習慣化しやすい。
  • 英語学習仲間ができる。(グループレッスンは特に)
  • カウンセラーなどフォロー体制が整っている。

 

デメリット
  • 受講料が高い。入会金、教材費がかかるところも。
  • グループレッスンの場合、レベル差があるとそれぞれに合わせて効率が落ちる。
  • 通うのが面倒。

受講料が高い安いの感じ方は人それぞれかと思いますがオンラインと比較していうとやはり高いです。

 

グループ人数などにもより各社まちまちですがおおよそ下記のイメージです。

    • マンツーマン:6,000円~10,000円/回
    • 少人数(2~4名):2,000円~4,000円/回
    • 多人数(5~8名):3,000円~5,000円/回
※月額制もおおよその単価換算してます。※時間はおおよそ40分~50分

はた

上記が教室型のメリットデメリットになります。

次にオンライン型のメリットデメリットですが皆さんの境遇・目的と比較してご検討ください。

 

オンライン型のメリット・デメリット

教室型と反する形になりますが、オンライン型のメリット・デメリットは以下が挙げられます。

メリット
  • 受講料が格段に安い。 入会金・教材費がかからないところが多い。(無料体験もあり)
  • マンツーマンレッスン。講師数が豊富で自由に選べる。
  • 通わなくてよく、自宅や出先などでパソコン・タブレット・スマートホンで取り組める。
  • 早朝、夜遅くまで利用できる。(24時間もあり)
  • 直前予約が可能。(5分前など)

 

デメリット
  • 怠けがち。
  • 学習仲間が出来づらい。
  • 講師を選ばなければならない手間。

はた

受講料については25分で200円~500円/回と教室型に比べると圧倒的に安いですね。

また教材費や入会金も無料のところがほとんどのため気軽ですね。

 

今まで見てきたそれぞれのメリット・デメリットを比較すると自分に合っているのがどちらか見えてきませんか?

下記が教室型・オンライン型がそれぞれ向いている人はどんな人かになります。

どちらか迷った人は今一度ご確認ください。

教室型・オンライン型がそれぞれ向いてる人
☆特徴を理解するとこんな人が向いています☆

【教室型が向いている人】

  • 近くに教室があって通いやすい人。
  • 自分一人だと不安のため英会話学習仲間が欲しい人。
  • お金はあまり気にしない人。

【オンライン型向いている人】

  • コストを抑えて気軽にやってみたい人。
  • 近くに教室がない、あるいは移動時間を減らし効率的に学習したい人。
  • 決まった時間がとりづらい人。
  • いろんな講師(いろんな国)の方と話ししてみたい人。

 

まとめ

オンライン英会話と教室型のメリット・デメリットを理解し「自分にはオンライン英会話が合っている!」と思い、そのなかでDMM英会話の強みで見てきたなかで少しでも腑に落ちればそれは始め時です。

お金も、時間もかかることですねで慎重になってしまいがちですが、まずは無料体験を通して触れてみることをお勧めします。

はた

英会話を通して広がる世界があることを想像し楽しく英会話をしていきましょう!

公式HP【DMM英会話】

この記事を書いたライター

はた

私たちは皆、知っているもの・事から何かを選び・選択をします。

まずは知る事・認知することが大事だと思います、それと好奇心。

幸い自分は気になることがあればすぐ調べる癖があり、様々なことを広く・そこそこ知っています。

そんな自分で体験した事、調べた事、読んだ事をまとめてお届けしたい!と思い記事を書いてますのでご参考いただき、行動し、是非自分のものにしてください!

この記事に関連するラベル

ページトップへ