【エンジニア視点】短期間で即戦力になるヒューマンスキル10選!

記事更新日: 2020/11/14

ライター: せかぺん

ライタープロフィール
名前:Engineer Penguin

東京に上京してせかせか働くWebエンジニア → 開発保守プロジェクト主任。
java、C#、Python、Swiftの開発現場のプログラマー・プロジェクトリーダーを経験。
各現場のエンジニアと関わってきた経験を生かし、エンジニア視点の情報を発信します。

近年、IT業界の急速な発展により、エンジニア不足が続いています。

エンジニア不足により、プログラミング未経験でも採用している企業は少なくありません。

Engineer Penguinの働く会社でも毎年、文系理系問わず何十名の新卒が採用されています。

プログラミング初心者

IT企業は理系を中心にとるわけではないんだね。

 

Engineer Penguin

エンジニアは技術力があるだけでOKとはならないんだよ。

 

Engineer Penguinは部下を育成するようになって5年が経ちます。そんな中、プログラミング経験の有無に関わらず、短期間で即戦力になる人のヒューマンスキルに特徴があるのでエンジニア視点から紹介します。

Engineer Penguin

スキルがグングン伸びる人は共通した特徴があったんだ!

 

プログラミング初心者でも短期間で即戦力になるヒューマンスキルの特徴10選!

 

返信が小まめ・早い

常に返信が早い人は相手から信用度が高まりやすいです。

なぜ信用度が高くなるか以下の通りです。

 

・今何を考えているかすぐわかるから安心

連絡しても返信が15分後に来るのと、返信してから2日後や1週間後とかに来るので印象はだいぶ変わりますよね。

職場の人からの連絡は対応してもらいたいことがあって連絡することがほとんどです。

そもそも連絡が遅い人は自分が思っている期日までに対応できる見込みがないと思われ、任せられる仕事も減ってしまいます。

Engineer Penguin

今まで関わったエンジニアの中には、連絡が返ってこない部下は自分の管轄から外したと言う人もいました。

 

プログラミング初心者

おぉ〜。厳しいかもしれないけど、評価する側からしたらそうなるのかも。。。

 

 

・今後の言動が大きくズレていないかすぐ確認ができる

初心者の時は特に、何か上司・上長から指示をされた後、最初に何をするか方向性を確認しておくことは必須となります。最初が違うとせっかく頑張っても努力が水の泡になってしまいます。

自分の頑張りが無駄にならないためにも、自分が次にどういう方向性で取り組むのか上司・上長とすぐ連絡をとる習慣がある人は今後の動きで間違うリスクを最小限にすることができます。

 

・返信が早い時点で責任感を感じられる

返信が早い人は主体的に連絡できている証なので、上長からしてもいろいろなことを任せてみたいという気持ちになります。返信は遅くても1日以内にするようにしましょう。早ければ早いほど信頼感は高まります。

Engineer Penguin

連絡を積極的に取れる人は自分から主体的に動ける人と見れるね。

 

プログラミング初心者

上司がわざわざ言わなくても部下から動いてくれるのは凄い有り難いね!

 

隙間時間を有効活用できる

隙間時間を有効活用できる人は仕事・お休み関係なく隙間時間を有効活用できる習慣がある人です。

例えば、パソコンの起動時間や重いファイルの読み込み時間などを使い、1日15分隙間時間を有効活用できる人は年間(365日)で91時間15分も何かを学びとる時間を作れることになります。

1日の小さな努力が大きな差になることがわかりますね。

プログラミング初心者

同じ職場で働いていてもあの人はできると思う人は、時間の使い方を工夫している人だよ!

 

基本ポジティブ

エンジニアは常に技術力を求められるため、技術力が低いプログラミング初心者のうちは技術的な問題に毎日ぶつかります。

 

問題を乗り越えるために何をすべきか、前向きに解決するしようとする人は成長するスピードが明らかに早いです。

Engineer Penguin

ポジティブはできない理由ではなく、できることを探すよ!

 

 

問題にぶつかった時のネガティブとポジティブの言動の特徴

ネガティブは解決に至らない愚痴をいうだけで状況が改善しないのに対し、ポジティブは解決に向けたアクションを起こすため、問題が解決する時間がポジティブな人が早く印象が良いです。

 

これは気持ちを前向きに持とうとするか意識の問題なので、気持ちがいつも落ち込みガチな人はぶつかった問題は乗り越えられるものと明るい将来予想を持ちましょう。そう思うだけで重たい気持ちもだいぶ軽くなります。

 

Engineer Penguin

悩むだけでは何も進まない。まずは行動して見ることが大事!

 

 

冷静に判断できる

仕事をしていると納期に追われたり、客先にプレゼンテーションの機会があり緊張し過ぎてしまう場面もあるかと思います。

感情的になり過ぎると自分のパフォーマンスが乱れ、上手く仕事が進まないケースがほとんどです。

普段から冷静に判断する習慣を付け、いつでも安定した仕事をこなせると自分に自信がつき、普段の仕事の成長スピードがより早まります。

Engineer Penguin

瞑想やお昼寝を数分間するだけで、その後のパフォーマンスも向上するよ!

 

利他的に動ける

プログラミング初心者のうちは目の前の問題だけで手一杯になってしまいガチ、成長スピードの早い人は周りの状況も気にできる余裕があります。

 

エンジニアはチームで動くため、周りの人がどんな仕事をしているのか各担当者の仕事状況を把握することで、チームメンバと上手く連携できます。

 

Engineer Penguin

チームメンバの誰に聞くかによって、もらえる答えが全然違うことがあります。

 

プログラミング初心者

最初から自分の求めていることを聞くために、チームメンバの特徴を抑えておくと質問も上手にできるね。

 

現実的にできないことはキッパリ断る

成長できる人は危機管理能力も高いです。今後を見据えて動けるので何か仕事を渡された際、自分の今のスキルで現実的にできるものかどうか冷静に判断することができます。

 

任せられた仕事をこなすことは大事ですが、最終的にできなかった場合は信用を失うことに繋がるので、現実的にできること・できないことの線引きを行い、できないのであれば事前にはっきりと断ることが大切です。

 

態度や姿勢がいい

態度や姿勢がいい人は印象がいいです。逆に机に肘をついたりお菓子を常に食べながら仕事をしている人を見ると、日常生活まで見てなくても周囲は全体的にだらしがない印象を受けてしまいます。

 

仕事は信頼できる人にいくため、無駄な場面で印象を落とさないようにしましょう。

Engineer Penguin

姿勢が猫背や肘をついて仕事していると体が歪み生活習慣病にかかってしまうケースも少なくないよ。

 

聞き上手

成長スピードが早い人は相手への聞き方が上手です。聞き上手な人には周囲の人も教えてあげようという気持ちになります。

聞く時は自分の立場だけ聞かず、相手の立場にもたったマナーある聞き方ができるよいいでしょう。

プログラミング初心者

質問できる人は話し手からも聞いてくれている印象に繋がるため、なるべく質問は積極的にしよう!

 

メモをとる

職場の人から教えてもらう時、一言一句話した内容を覚えることはできません。

自分でここは重要だと思ったことでも時間が立つと忘れてしまうものです。自分の記憶だけに頼らず、教えてもらったことは忘れないよう必ずメモするを取る習慣をつけましょう。

 

その場で聞いて解決できても1ヶ月後に同じ問題にぶつかった際、メモしていないとあの時どうやって解決したか忘れる可能性があります。そうなるとまた同じことを上長に聞いてしまうと、前も説明したのに。。。と信頼が落ちてしまいます。

Engineer Penguin

積極的に質問しても教えてもらったことを数日後に忘れてたら台無しだよ!

 

プログラミング初心者

聞いたらメモをとって覚えるの繰り返し、信用の積み重ねだね。

 

自分の失敗を素直に認められる

成長スピードが早い人は自分のやり方を見直せる人です。

働いていれば誰でも失敗はつきもの。失敗した場合は素直に自分のミスを認めて次はどうしたら良いか上長と相談しましょう。

逆に言動が改善しない人の特徴は自分が失敗した時、今回はたまたま失敗したなど自分のやり方を見直さない人です。

Engineer Penguin

自分は間違っていないと頑固になっちゃうと誰からも助けてもらえなくなっちゃうよ。

 

プログラミング初心者

チームと上手く連携するためにも性格は素直にならなくちゃいけないね。

 

まとめ

なんでも初めから上手くいく人はいません。

今上手くいっている人は必ず努力を積み重ねてきています。

 

自分を過信せずコツコツ努力する姿勢を継続していくことが大切です。

Engineer Penguin

成功は1日にしてならず!

 

この記事を書いたライター

せかぺん

東京に上京してせかせか働くWebシステムエンジニア → 開発保守プロジェクト主任。日々、効率的に生きる方法を模索中。生活の中で有意義だと感じる情報をシェアしていきます。極度の暑がり。

この記事に関連するラベル

ページトップへ