【ぶっちゃけいくら?】当サイト運営者フリーランスSEおうまの年収を公開

記事更新日: 2020/10/30

ライター: おうま

この記事を書いた人
おうま

エンジニアを10年しています。今の仕事はフリーランスで動画配信サービスのディレクター。iOS・Android・Web(Rails)のアプリ開発管理がメインです。エンジニアとして経験してきたことを、主観を入れながらやさしい言葉でお伝えしていきます。

「IT業界に興味を持ったけど収入が気になる」
「実際のSEの生活レベルが知りたい」

この記事はそんな方に向けて書いています。

 

IT業界は今後も需要が高くSEは年収が上がる数少ない仕事です

また職業別の年収ランキングでは上位15%に入っている高年収職業です。(2019年厚生労働省調査)

 

この記事をご覧のあなたは、IT業界に興味があるのだと思いますが・・・

おうま

働いている人が周りにいないと生活イメージって湧かないですよね

こちらの記事では、東証一部上場企業に入った後の僕の20代の経験を赤裸々に語りつつ、SEの生活をご紹介していきます。

この記事で学べること
この記事で学べること
~システムエンジニアの年収と暮らし~
・20代上場企業会社員の年収推移
20代上場企業会社員の生活ぶり
・フリーランスの年収

SEの20代の最後の年収は670万円でした

SEの20代の最後の年収は670万円でした

20代は東証一部上場のIT企業で働いていました。

新卒で入った会社は、IT業界の年収ランキング上位10社の有名企業。

大学時代はバリバリ稼いでやるぞ!と年収で企業を選んで内定に飛びつきました。

 

そこで死ぬほど働いて29歳まで働いて…

最高年収は670万円でした。

 

ほんと、当時はしんどかったです。SE仕事多すぎ、、、と涙目になりながら働きました。

どれだけしんどかったかというと

・友達と遊んでる途中声が出なくなる

・髪の毛抜きすぎでハゲができる

精神的にギリギリの状態まで働きました。

 

こんな状態になるまでがんばって、さぞお金は溜まったかというと…

全く貯まらずずっと1Kのマンション暮らしのままでした。

 

20代前半と後半でどんな生活をしていくらもらっていたのか。

なんでお金が貯まらなかったのかを解説します。

社会人2年目の年収は450万円

これは20代になって、2年目の住民税が引かれ始めた頃の年収です。

税金・家賃・水道光熱費・携帯代等を引くと、使えるお金は月20万円弱です。

少しお金は溜まっては、突発的なイベントですぐ消えていっていました。

20万円から消えていくお金

・同期友人とのご飯代

・年末年始盆正月の帰省

・会社の決起会・新年会・忘年会など

もっと年次があがれば生活が楽になるはず…

日々の仕事に忙殺されながら必死に働きました。

社会人2年目の仕事

この頃はエンジニアとしてはC#のプログラマーをしていました。

「質問の意味が分からない」など指摘をされつつ、なんとか渡されたタスクをこなしていました。

 

質問の仕方に関しては、このQiitaの記事にとても助けられました。

今でも後輩を指導する時に役に立っています。

>>質問は恥ではないし役に立つ

 

このころは、まだプレッシャーも少なく楽しく充実した社会人生活を送っています。

社会人8年目の年収は670万円

こちらが20代最後の給料です。

6年経ち手取りで200万円弱上がりましたが、生活レベルは上がりませんでした。

僕の場合、生活レベルが上がらない理由はこちらでした。

生活レベルが上がらない理由

・結婚式参列の旅費/ご祝儀代(1回6万円)

・借り上げ社宅制度の年齢制限(+7万円)

・ストレスに伴う飲み代の増加(+5000円×n回)

地方から東京に出てきた場合は要注意です。

結婚式の移動とご祝儀代で1回6万円くらいかかるので。

また大きな企業でも20代のうちに社宅を出させられるところも多く、関東圏の家賃は非常に高いです。

社会人8年目の仕事

20代の後半になると仕事の責任も大きくなってきます。

8年目ではシステムエンジニアをしていました。

 

その当時、僕はこんなプレッシャーにあてられ精神がかなりやられました。

・短すぎる納期

・トラブルとお客さんへの謝罪

・お客さんからの叱責

・退職者の引き継ぎによる増え続ける仕事

 

中でも一番つらいのが叱責と謝罪です。

毎週何かしらの謝罪をしていた覚えがあります。

関係悪化の例

1. 「貴様ごときが電話をしてくるな!」と言われ出禁になる

2. 渡した資料をその場に投げ捨て「話にならない」と帰される

3. 目の前で名刺を破り捨てられる

 

このような関係悪化の一番の原因はバグです。

1度トラブルになると対応に莫大なエネルギーを使います。

その対応で他の仕事に手が回らず他の仕事でも火の手が・・・

となってもう地獄でした。

 

そんな精神が不安定な時に、お金を貯めることなんて考えられません。

お金を貯める <<<< 精神の安定

そんな中精神の安定を保つために、お酒の量が増えていきました。

周りもストレス解消のためにお金が消えて、貯金ができてない人が多かったです。

 

これはあまり良い状態ではありません。

このままじゃいけないと思い立ち退職を決意します。

退職金は80万円でした

8年働き期待した退職金は80万円でした。

ざっくりした退職金の計算式はこちらでした。

退職金 = 3年目以降の勤続年数 × 自己都合乗率 × 基本給

3年目以下は退職金が出ない会社も多いみたいです。

 

あと退職の仕方には

会社都合

自己都合

があります。

僕の場合は、「会社辞めます!」と自分の意思で辞めた自己都合だったので、もらえる金額が3割ほど減額されていました。

気になる方は、お勤めの会社の就業規則を見たら書いてあります。

フリーランスになった後の暮らしは?

時間が出来て貯金も増えめちゃくちゃ生活が楽になりました。

年収が800万円になりました

フリーランスだと、ボーナスがありません。

代わりに月の給料が2倍以上になります。

フリーランスになって良かったこと

・ボーナスの無駄遣いが減る

・ストレスが無くなりお酒の量が減る

これによって、どんどん貯金ができるようになりました。

こぶた

おうまさんだから出来たんじゃないの?

おうま

3年目以上の人なら誰でもなれるよ

僕も最初はうまくやれるか自信はありませんでした。

ただ、働いている話を聞いていくうちに

「会社員とやること変わらないよ」

という声が多く、実際にやっても僕もそう思います。

 

一般的なフリーランスの金額も見てみます。

フリーランスだと700万円超えます

レバテックフリーランスの調査によると、フリーランスSEの平均単価は74万円。

年収にすると888万円になります。

出典:レバテック フリーランスエンジニアの単価相場

体感としても60~80万円ぐらいフリーランスSEの相場感です。

少なくとも700万円以上の年収は見込めます。

 

先ほども言いましたが、会社員時代とそんなにやることは変わりません。

フリーランスの詳しい働き方が知りたい方【案件公開!】フリーランスシステムエンジニアの実態をお見せします」の記事をどうぞ。

まとめ

会社員時代に辛い思いをして、今はフリーランスになって人間らしく生活できるようになりました。

「もしフリーランスで仕事が無くなったらどうするの?」

と聞かれますが、その時はまた会社員に戻るだけです。

 

今回エンジニアに伝えたいことはこの4つです。

エンジニアに伝えたいこと

1.年収はあってもストレスがあると貯金はできない

2.エンジニアは仕事はたくさんある

2.700万以上稼いでないならフリーランスもあり

3.ダメなら会社員に戻ればいい

今一生懸命やったことは、必ず次の仕事に生きます。

必死に会社で働いている人ほどフリーランスも選択肢に入れてみてください。

 

以上、参考になれば幸いです。

この記事に関連するラベル

ページトップへ