<2020年最新版>取得して良かった!システムエンジニアになるために取得するべき資格

記事更新日: 2020/11/30

ライター: せかぺん

ライタープロフィール
名前:せかぺん

東京に上京してせかせか働くWebエンジニア → 開発保守プロジェクト主任。
java、C#、Python、Swiftの開発現場を経験。
各現場のエンジニアと関わってきた経験を生かし、エンジニア視点の情報を発信します。

システムエンジニアになるために、まずはじめはどんな資格を取得しておくべきか。迷う人は多いです。

今回は現役のシステムエンジニア目線から初心者から取得するべき資格をご紹介します。

この記事で学べること
この記事で学べること
未経験からSEを目指す上で取得するべき資格
  • 国家試験とベンダー試験の違い
  • 国家試験、ベンダー試験の順に取得するメリット
  • 国家試験、ベンダー試験に合格するメリット

 

結論
IT全般のリテラシーが備わっていることを証明する国家資格を取得すること
      をおすすめします。
    • 基本情報技術者試験
    • 応用情報技術者試験
国家資格に加えて、実践的なスキルがあることを証明するベンダー資格を取得する
    ことより評価が高まります。
  • Oracle認定Javaプログラマ
  • ORACLE MASTER

 

プログラミング初心者

基本情報技術者試験と応用情報技術者試験はIT業界ではよく聞く資格だね。

 

せかぺん

そうだね。その資格はIPAというITの政策実施機関が実施している国家資格だよ。

 

資格の種類について

国家試験とは

独立行政法人情報処理推進機構(じょうほうしょりすいしんきこう、英: Information-technology Promotion Agency, Japan、略称: IPA)という機関により、実施されるIT情報試験のことです。

公式サイト:IPA 情報処理推進機構

 

レベルは大きく4つにわかれ、国家試験の中で難易度の低い資格からスペシャリスト級の高度な資格まで様々です。

 

レベル1(合格率:45%〜55%):初心者レベル

・ITパスポート試験:

  全ての社会人に共通して必要なITリテラシー関連

・情報セキュリティマネジメント試験:

  ITのセキュリティに関する基本的知識・技能関連

 

レベル2(合格率:20%〜30%):基本レベル

・基本情報技術者試験:

  IT全般に関する基本的知識・技能関連

 

レベル3(合格率:15%〜25%):応用レベル

・応用情報技術者試験:

  IT全般に関する応用的知識・技能関連

 

レベル4(合格率:10%〜20%):スペシャリストレベル

・ITストラテジスト試験:

  経営者視点からITを高度に活用した事業計画・改善・遂行能力が問われる資格

・システムアーキテクト試験:

  システム開発における要件を整理し、業務知識に基づく的確な分析能力が問われる資格

・プロジェクトマネージャ試験:

  システム開発における目標管理・遂行能力に関する資格

・ネットワークスペシャリスト試験:

  各システム間を繋ぐネットワークの構築・運用に関する資格

・データベーススペシャリスト試験:

  企業活動を支える膨大なデータ群を管理・構築する資格

・エンベデットシステムスペシャリスト試験:

  日常生活で利用する家電や車などのあらゆる組み込みシステムのサービス提供する資格

・ITサービスマネージャ試験:

  情報システム全体の安全性と信頼性の高いサービスの提供する資格

・システム監査技術者試験:

  被監査対象から独立した立場でシステムを総合的に点検、評価

・情報処理安全確保支援士試験:

  最新のセキュリティに関する知識・技能を備えた、高度かつ実践的人材に関する資格

 

ベンダー資格とは

ベンダー資格とは民間(国家資格でない)資格のことで、IT関連製品を製造・販売するベンダー(企業・メーカー)が自社で開発した製品について、資格受講者が適切な技術を身につけているか証明することを目的としています。

IT業界のベンダー資格は星の数ほどあるため、全てを紹介することはできませんが、主要なベンダー資格は決まっています。

 

・オラクルマスター:

 システムのデータ管理・構築に特化した資格。レベルは「Bronze(ブロンズ)」「シルバー(Silver)」「ゴールド(Golld)」「Platinum(プラチナ)」と4段階あり、IT業界内でも最も需要が高いベンダー資格の1つです。

 

・オラクルJava認定試験:

Javaとは世界中のシステム開発の現場で最も使われている開発言語の1つです。1番使われている開発言語のため、エンジニアになりたい人の中でもJavaの開発をしたい人の割合が多く、客観的に評価できるオラクルJava認定試験の人気も高いです。レベルは「Bronze(ブロンズ)」「シルバー(Silver)」「ゴールド(Golld)」と3段階あり、Javaの開発者になりたい人、開発スキルをもっとあげたい人にはうってつけの資格になります。

 

・AWS認定試験:

インターネット上で世界最大の電子商取引サイトとなったAmazonが提供する資格になります。AWSの正式名しょは「Amazon Web Services」で、クラウド(ネット経由でサーバーやアプリなどサービスを利用するスタイル)に関する資格です。レベルはベーシック、アソシエイト、プロフェッショナル、スペシャリティの4段階があり、世の中のクラウド化が主流になってきている今、とても人気の資格になっています。

 

・マイクロソフト認定試験:

米国の世界最大手のコンピューターソフトウエア会社であるMicrosoft Corporation(日本法人・日本マイクロソフト社)が実施するマイクロソフト製品に対する知識・技能をレベル別に証明する試験です。レベルはMTA(Microsoft Technology Associate)、MCSA(Microsoft Certified Solution Associate)、MCSE(Microsoft Certified Solution Expert)、MCSD(Microsoft Certified Solution Developer)の4つあり、エンジニアの開発現場でマイクロソフト社製品の利用する頻度が多いことから取得しておいて間違いない資格です。

 

・シスコ技術者認定試験:

シスコシステムズというネットワーク機器大手の会社が展開している資格試験になります。認定にはエントリー、アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパート、およびアーキテクトという5つのレベルがあり、ネットワーク構築保守、管理、セキュリティ管理、分析設計などに興味がある人はとっておくと客観的に知識・技術力を証明することができます。

 

国家資格を取得すべき理由

未経験者でも一定のITリテラシーがあることの証明になるから

国家資格となると、企業からみる資格の信憑性も格段に高まります。

未経験から就職する場合、就活生がどれだけITリテラシーを持っているのか企業が明確に把握することは難しいです。

そのため、国家資格を取得していることで一定のITリテラシーがある基準になります。

 

IT全般の知識をバランス良く取得できるから

IT業界で使われる技術・知識は無限にあり、学ぼうと思ってもどこから手をつければ良いか迷ってしまう人も少なくありません。

国家試験はそんな膨大なIT業界の学習範囲を国家試験の各試験毎に絞っています。

未経験であってもIT業界について偏りなくITリテラシーをつけることが可能となります。

 

就職後のキャリアアップに大きく役立つから

就活生は企業から内定をもらうまでがゴールではありません。その後のキャリアアップにより自身のスキルも大きく向上することができます。国家資格の取得が重要な理由は、大手・中小企業で国家資格の取得をキャリアアップの1つの評価としていることが多いためです。

早期に国家資格を取得することで、知識量を客観的に証明でき、業務に活用できるスキルが段々と増えていきます。

企業としては資格も取得しているからこの社員は知識があると評価もしやすくなります。

 

ベンダー資格を取得するべき理由

国家試験より専門的な知識があることを証明できるため

IPAが実施している国家試験については、レベル4のスペシャリストレベルであってもプラチナレベルのベンダー資格と比較すると、ベンダー資格の方が難易度が高い傾向にあります。国家資格もスペシャリストレベルまで取得できれば、客観的に自身の保有スキルを評価しやすいため、資格を保有しているだけでも企業から重宝される人材になることができます。さらにベンダー資格のプラチナレベルとなると合格率が一桁となるため、国内外問わず専門的な知識を持っていることをアピールすることができます。

 

世界基準となるベンダー資格もあり海外で活用も可能なため

国家試験は名前の通り、国内に限り有効な資格となりますが、世界規模の企業が実施するベンダー資格となると資格取得できれば、世界中に自分の保有スキルをアピールすることができます。例としては、Google Cloud認定資格、AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト、プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(PMP)など世界共通基準となる資格を取得することで、自身の関われる業務内容の幅が格段に広がります。

 

国家試験より積極性にITスキルを取得しに行っている熱量が伝わりやすいため

国家試験と比較し、ベンダー試験のデメリットにとなる部分が2つあります。

 

・受講料が高い

国家試験はいずれも5,700円(税込)なのに対し、約1,000,000円かかるベンダー試験がある。

例えば、ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 12cの受験にかかる費用は約231,000円です。 受験のための講習費用は別途470,000円です。またPlatinumを受験するために下位レベルのORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c、ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c、ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12cを全て取得する必要があるため、全ての費用を含めると合計で約974,000円以上の費用がかかることになります。高い受講料を払い取得した資格はレベルが高ければ当然、企業からも一眼おかれます。

 

・せっかく取得した資格が有効期限により失効する場合がある

常に情報がアップデートされ続けるIT業界。情報はすぐ古くなってしまいます。それは資格も同じです。

ORACLE社が認める新しいバージョン12cまたは11g(2020年11月現在)より以前のバージョンの資格を資格として認めないと発表しています。10gの場合、2016年の2月29日までに12cまたは11gの資格を取得しないと資格が失効してしまいます。

国家試験の場合は有効期限はないため、試験に合格すれば半永久的に資格を保有できます。上記のようにベンダー資格には有効期限がある資格も含まれるため、ベンダー資格を取得している人は積極的にITスキルを取得しようとしていると企業から評価されやすいです。

 

4.まとめ

ITの資格には国家試験とベンダー試験の2種類があることがわかりました。

これからIT業界を目指す未経験の人は、IT業界全般のスキルを学習できる基本情報技術者試験、応用情報技術者試験などの国家試験から受講し、さらにスキルを深堀するためにベンダー試験を受けるという順番が良いです。

国家試験だからといって全ての試験が難しい訳ではないので、未経験の方も身構えることなく気軽に国家試験を受験して見てはいかがでしょうか。

この記事を書いたライター

せかぺん

東京に上京してせかせか働くWebシステムエンジニア → 開発保守プロジェクト主任。日々、効率的に生きる方法を模索中。生活の中で有意義だと感じる情報をシェアしていきます。極度の暑がり。

この記事に関連するラベル

ページトップへ