システムエンジニアになるには資格は必要?SE視点から解説。

記事更新日: 2020/11/30

ライター: せかぺん

ライタープロフィール
名前:せかぺん

東京に上京してせかせか働くWebエンジニア → 開発保守プロジェクト主任。
java、C#、Python、Swiftの開発現場を経験。
各現場のエンジニアと関わってきた経験を生かし、エンジニア視点の情報を発信します。

未経験からシステムエンジニアを目指したいけど、資格は必要なのか紹介していきます。

システムエンジニアの学習分野はIT業界内では多岐にわたります。星の数ほどの資格の種類が存在するため、何から学習すればいいか、そもそも資格は必要なのか迷っている方が多いと思います。

システムエンジニアとして就職できるまで有効な時間となるよう、ポイント抑えて現役エンジニア視点で解説していきます。

プログラミング初心者

僕はまずはじめに、初心者でも取得しやすいITパスポート試験を狙っているよ。

 

せかぺん

ITパスポートは初心者にとっておすすめの資格だけど、そもそも取得した資格を評価するかは企業によって変わるから、資格取得に費やした時間が有効でない場合もあるんだよ。

 

勉強をする上で、せっかく多くの時間をかけてとった資格でも企業によっては、評価に値しないケースがよくあります。企業が評価しない資格をとって面接時に企業が必要としない資格を強調してしまうと逆にマイナスのアピールとなってしまいます。

自分の時間を有効に活用するため、資格を取得する必要性を見直し、就職までの残りの時間を何に当てるか参考にして見てください。

 

この記事で学べること
この記事で学べること
未経験からSEを目指す上で資格を取得する必要性
  • 未経験からSEを目指す上で資格を必要としない理由
  • 資格取得は必須ではないがあるといいメリット

 

未経験からシステムエンジニアになるために資格が必須ではない理由

資格があっても業務ができないエンジニアがいるため

資格を取得していれば、一定のIT知識を持っていることの証明にはなりますが、その知識が業務で活きるかは別の問題です。

知識だけあっても情報の整理が上手くないと専門用語の言葉の意味だけ知っていても、業務でどう使えばいいか分からない人も少なくありません。

 

資格は持ってないよりは持っている方がもちろんいいですが、活用できる能力が分からないと資格も宝も持ち腐れになってしまう可能性もあります。

そのため、企業ではこの資格さえあれば大丈夫と言い切っているIT企業はありません。

 

システムエンジニア業界が求めるのは即戦力のため

システム開発において、システムエンジニアの価値が発揮できるのは、エンジニアとして納期までに期待以上の品質で納品することです。システムを完成されるためにエンジニアはシステムの設計・試験を何回も繰り返し、いくつもの不具合を乗り越え、品質をより高めていきます。

 

システム開発は大規模になればなるほど関連するシステムが増えるため、不具合が発生した際の難易度が上がっていきます。不具合がおきた際に早急に対応できる能力は、資格の知識より開発経験から取得する場合が多いので、企業も資格より経験を重視する傾向にあります。

 

管理職になるまで資格はあまり重要視しない企業が多いため

企業の規模が大手になればなるほど、管理職以上は他の企業と取引する会社の顔となるため、プロジェクトマネージャ試験など高度な資格を推奨する傾向があります。

逆にいえば、管理職になるまではシステム開発業務にどれだけ貢献できたかを評価基準とする会社は少なくありません。能力値の問題になるため資格が取得なくても、開発経験がある、開発経験がなくても論理的説明能力から今後の伸び代がある人の方が採用されるケースが多いです。

 

資格を持っていなくても現場で活躍する割合が多いため

実際にシステムエンジニアとして働いていると、様々な会社のプロジェクトリーダーと話す機会がありますが、意外と資格をとっている人はすくない傾向にあります。背景として、システム開発の現場は資格より実際に業務システムのロジックを理解する方が覚えることとして優先となるため、現場で活躍するエンジニアは業務知識を熟知したエンジニアが資格の有無関係なく現場で活躍しています。

 

資格取得は必須ではないがあるといいメリット

資格を取得しなくてもシステムエンンジニアになれると記載してきました。

資格を取得しなくてもシステムエンジニアになっている人がいる事実がありますが、取得していることで有益となるメリットもあるため、考慮しておいて損はない内容を紹介します。

 

給与が上がる

企業によっては指定の資格を取得することで毎月の固定給が上がるケースもあります。

特にIT業界の企業では、IPAの国家試験の取得を推奨している企業が多く、取得することで一時金・毎月の固定給が上がるケースがあります。

以下、せかぺんの周りの会社で実施に給与が上がる企業の例を紹介します。

 

指定の資格取得により一時金としてもらえるケース:A社)

 ・応用情報技術者:¥35,000

 ・基本情報技術者:¥25,000

 ・ITパスポート:¥8,000

 ・Java SE 7/8 Bronze:¥25,000

 ・Java SE 7/8 Silver(Associate):¥55,000

 ・Java SE 7/8 Gold(Professional):¥75,000

もらえるタイミングは入社前に取得している場合は、入社時。入社後に取得した場合は、合格発表後にそれぞれ合格証明書を企業に提出することで、一時金を受け取れます。

指定の資格取得により毎月の固定給が上がるケース:B社)

こちらは上記、一時金としてではなく毎月の給与に金額が上乗せできる例です。

 ・プロジェクトマネージャー:¥20,000/月

 ・応用情報技術者:¥10,000/月

 ・基本情報技術者:¥5,000/月

 

もらえるタイミングは合格証明書を企業に提出した翌日から支払われるケースが多いです。

企業によっては勤めている間は永久的にもらえるのか、どこかの管理職までは永久的にもらえるか企業により条件も異なるため、資格取得に燃える人は各企業の資格に関する福利厚生についても確認しておくと良いでしょう。

 

転職の際、企業が求めている資格であれば優遇される

既に就活を経験済みの方は思い当たる点が多いかと思います。

システムエンジニアの募集要項には、Java、C#、Pythonなど企業が求める開発言語が記載されています。

例として、Javaの開発言語を使っている企業であれば、Java SE 7/8 Silver(Associate)などJavaに関わる資格を取得しておくことで転職時、資格が有利に働く場合があります。

また、難易度の高い資格になればなるほど企業も該当資格の保有者を強く求める傾向にあるため、資格を持っているだけで入社時に10万一時金としてもらえるケースもあります。

自分が今まで取得した資格があれば、どこの企業で保有資格も評価されるか確認しておいて損はありません。

 

今後のキャリアアップの評価に有効となる

長期的な話になりますが、入社時は資格が必要なくても今後の管理職になるために資格取得が必要なケースがあります。

大企業になればなるほど、管理職になるために高度資格の取得が必要となる傾向が高いです。

勉強が苦手だからと単純な理由で今後必要な資格を取ることを疎かにしてしまっていると、今後のキャリアアップの際に一時停止してしまう時期が来るかもしれません。今後のために必要な資格は計画的にとっておくといいでしょう。

 

まとめ

未経験からシステムエンジニアになるために資格を取る必要性があるのか説明しました。

まとめると以下のようになります。

 

結論
・未経験からシステムエンジニアになるために資格取得は必須ではない
・資格取得は必須ではないが、取得することで企業により優遇されるケースがあるので注意
・企業は資格の知識より実践的なシステム開発のスキル(即戦力)があるかを重視する傾向にある

 

システムエンジニアは単純に資格だけとっていれば通用する仕事ではありません。

資格はないよりあった方がいいですが、それより重要な自分の開発スキルを高めていくことが企業に有効なアピールをする近道となります。

この記事を書いたライター

せかぺん

東京に上京してせかせか働くWebシステムエンジニア → 開発保守プロジェクト主任。日々、効率的に生きる方法を模索中。生活の中で有意義だと感じる情報をシェアしていきます。極度の暑がり。

この記事に関連するラベル

ページトップへ